須知 義弘(すち よしひろ)


マーシュ ブローカー ジャパン株式会社
Senior Vice President
Political Risk and Structured Credit Leader – Japan

〇略歴

国際基督教大学卒業後、金融機関を経て、米国エモリー大学にてMBAを取得。1995年より2015年8月まで在籍したAIU保険会社(現AIG損害保険株式会社)では、企業間の取引に関連する取引信用保険、ポリティカルリスク保険などを手懸ける。1997年より香港に駐在し、取引信用保険を中心に現地日系企業を対象とした法人営業の拡大に貢献。帰国後、2003年より取引信用保険マネージャー。その後、ポリティカルリスク保険部長を経て、2012年よりスペシャリティー保険統括部長を歴任。2015年9月からコファス信用保険会社日本代表を務め、取引信用保険のマーケット拡大に貢献。2018年11月から現職。1995年から一貫して、取引信用保険、ポリティカルリスク保険の引受並びにマーケット拡大に従事。

実績・著作

〇セミナー・パネルディスカッション

・『民間損保の貿易保険(契約不履行保険)について』(日本機械輸出組合貿易保険専門委員会プラント・エンジニアリング分科会)(2010年12月1日)
・『投資協定と貿易保険』(日外協セミナー)(2013年7月1日)
・『海外進出リスクについて』(りそなグループ・AIGカンパニーズ)(2015年1月13日) (パネルディスカッション)

・『海外投融資リスク評価/分析方法解説』(マーシュブローカージャパン株式会社)(2015年1月20日)
・『海外プロジェクトのリスク低減策』(エンジニアリング協会)(2015年2月26日)
・ 『民間の貿易保険の活用方法について』(りそなグループ・西村あさひ法律事務所・AIGカンパニーズ)(2015年6月29日)
・『欧州型の取引信用保険を活用した与信管理~国内外取引における有効な信用リスク管理』(日経産業新聞フォーラム2016 与信管理DAY)(2016年11月1日、11日、22日、25日)
・ 『国内外の商取引をより安全に拡大していくために~取引信用保険を通じた適正な与信限度額設定とは?』(日経産業新聞フォーラム2017 与信管理DAY)(2017年10月27日、11月2日、17日、22日)
・『信用保険の活用方法~包括型から個別型まで、短期から中長期まで』(東経月例情報会)(2019年8月27日)

〇著作

 ・『 海外投資保険の有効活用のポイントと契約者の留意点 』(雑誌NBL No.1018 (2014.2.1号 )(株式会社商事法務) (2014年02月)

この人が書いた記事一覧
デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ