【コラム】(財務モデリングの最先端)第20回 財務モデルにおけるショートカット(3)

2020.09.04 連載コラム

ナレッジパートナー:川井 文哉


問答無用で覚えるExcel最重要ショートカット

今回のコラムから、財務モデリングで実際に使用するExcel のショートカット解説に入る。まずは最重要の Excel ショートカットについては、問答無用・理屈抜きで今すぐ覚えて欲しいものを厳選した。ショートカットは一度に全て覚えるようなものではないため、まずはこれらを完璧に習得して基礎を固めて欲しい。

Shift + Space … 行選択

過去数万時間に及ぶ財務モデリング業務で、Ctrl + C のコピーや Ctrl + V の貼り付けと並んで最も使用したショートカットの一つだ。基本的に(高いレベルでの)財務モデリングでは行全体を使いまわしながら構築するため、幾度となく行を選択しなければならない。ちなみに、Shift + Space は全角入力になっていると機能しないため、キーボード設定を編集するか、半角入力で操作する必要がある点に注意。

Shift + Space

Alt + E + S + V + Enter … 値貼り付け

どこかのセルをコピーした後、Alt + E + S のショートカットを押すと「形式を選択して貼り付け」のメニューを出すことができる。実は Alt + E + S は Excel 2003 以前のバージョンで実装されていた古いショートカットで、Excel 2010 以降は Alt + H + V + S が正規のショートカットなのだが、Alt + E + S の方が押しやすくキーの入力数も少ないため、現場では皆こちらのショートカットを未だ使っている気がする。尚、最後の V は Value (値) の頭文字となっている。

Alt + E + S + V + Enter

Alt + E + S + T + Enter … 書式貼り付け

値貼り付けと同様、「形式を選択して貼り付け」の画面から最後に V ではなく T を選択すると、書式貼り付けとなる。書式は Format なので F かと思いがちだが、F は Formula が既に割り当てられているため、Format の語尾である T となっている。また、書式に含まれる情報には、条件付き書式は含まれるがコメントと入力規則は含まれない点に注意する必要がある。

Alt + E + S + T + Enter

Ctrl + PgUp / PgDn … シート移動

Ctrl キーを押しながら PgUp キーまたは PgDn キーを押すことで、左 (PgUp) または右 (PgDn) のシートへ移動することができる。ショートカットと少し関係ない蛇足となるが、Excel 上の左下にもシートを移動できるよう左右の矢印が表示されているが、ここを右クリックするとシート一覧を表示して、クリックでジャンプすることができる。

Ctrl + PgUp(左シートへ移動)

Ctrl + PgDn(右シートへ移動)

Ctrl + 矢印キー(←↑↓→) … セル高速移動

Ctrl キーを押しながら矢印キーを押すことで、Excel のシート内を高速移動することができる。移動も可能ではあるが、数式や書式を行全体に貼り付ける際、Ctrl + Shift + 右 (→) で右端までのセルを一気に選択する時に使う。シートを上下に移動する時は PgUp / PgDn キーを普通に使った方が早い。

Ctrl + 矢印キー(←↑↓→)

Ctrl + Shift + 矢印右(→)・・・右端のセルまで一気に選択

Ctrl + 9 … 行を隠す

Ctrl を押しながら数字の 9 キーを押すことで行全体を隠すことができる。尚、行全体は隠れただけで削除された訳ではないので、再表示できる。再表示する際には、隠れている上下の行を選択して、Ctrl + Shift + 9 で再表示できる。また、行ではなく列を隠したい場合は、Ctrl + 0 で列が隠れる。再表示したい場合は、隠れている左右の列を選択して Ctrl + Shift + 0 で再表示される。

Ctrl + 9(行を隠す)

Ctrl + Shift + 9(行を再表示)

Ctrl + 0(列を隠す)

Ctrl + Shift + 0(列を再表示)

Ctrl + – … 行を削除

Ctrl キーを押しながらマイナスキー (-) を押すことで、行全体を削除することができる。ただし、Ctrl + – を押す前に、Shift + Space で先に行全体を選択しておこう。行全体が選択されていないと、下記のようなダイアログが出現する。行全体 (Entire row) を選択すれば行全体は削除できるのだが、R + Enter のショートカットが加わるので操作が煩わしい。 Shift + Space で行選択をし、Ctrl + – で行の削除というのは一連の流れとして非常に良く使うので、体に染み込むまで繰り返して覚えよう。

Ctrl + –

Ctrl + Shift + + … 行を挿入

Ctrl キーと Shift キーを押しながらプラスキー (+) を押すことで、行全体を削除することができる。正確には Shift キーはプラス入力に使用しているだけなので、ショートカットそのものはCtrl + + なのだが、覚えやすいように敢えて Shift を記載することにする。行の削除と同じく、Ctrl + Shift + + を押す前にShift + Space で先に行全体を選択しておこう。行全体が選択されていないと、下記のような挿入ダイアログが出現して、操作が煩わしい。

Ctrl + Shift + +

東京モデリングアソシエイツ株式会社
マネージングディレクター
川井 文哉

*アイキャッチ Photo by Juan Gomez on Unsplash

【バックナンバー】
【コラム】(財務モデリングの最先端)第19回 財務モデルにおけるショートカット(2)
【コラム】(財務モデリングの最先端)第18回 財務モデルにおけるショートカット(1)
【コラム】(財務モデリングの最先端)第17回 借入金返済のモデル構築手法(2)
【コラム】(財務モデリングの最先端)第16回 借入金返済のモデル構築手法(1)
【コラム】(財務モデリングの最先端)第15回 財務モデルにおけるデータの型(Data Type)とは(2)
【コラム】(財務モデリングの最先端)第14回 財務モデルにおけるデータの型(Data Type)とは(1)
【コラム】(財務モデリングの最先端)第13回 シンジケートローンにおける参加手数料とアレンジメントフィー
【コラム】(財務モデリングの最先端)第12回 財務モデルにおける計算モジュールとは
【コラム】(財務モデリングの最先端)第11回 IRRの落とし穴
【コラム】(財務モデリングの最先端)第10回 財務モデルにおけるフラグとは
【コラム】(財務モデリングの最先端)第9回 Debt SizingとDebt Sculpting

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ