【稼働】Jパワー、北海道せたな町の風力発電所が運転開始/Jパワーの国内風力発電出力は合計493.66MWに

2020.01.15 事業参画・売買レポート


 2020年1月10日、電源開発株式会社(以下、「Jパワー」)が開発を進めていた北海道久遠郡せたな町の風力発電所「せたな大里ウインドファーム」が竣工し、運転開始したことを発表した。

(せたな大里ウインドファーム全景 出典:電源開発株式会社)

 当該発電所は北海道久遠郡せたな町瀬棚区西大里地区と元浦地区に完成した。2016年5月より建設が進められ、試運転期間を経て、2020年1月10日より営業運転を開始している。シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー社製の風車16基(定格出力:3,200kW)が使用され、発電所電体出力合計を50MW以内に制御した形で運用される。

(位置図 出典:電源開発株式会社)

 Jパワーグループにとっては、「せたな大里ウインドファーム」はせたな町で瀬棚臨海風力発電所に次いで2地点目、北海道では6地点目の風力発電所になる。Jパワーの国内風力発電設備は23地点、総出力は493.66MWに至った。現在建設中の案件は3つ(*)あり、Jパワーは今後も風力発電をはじめとした再生可能エネルギーの開発を推進する方針だ。

(*)
・にかほ第二風力発電所(秋田県にかほ市):41.4MW、2020年1月稼働予定
・くずまき第二風力発電所(岩手県葛巻町):44.6MW、2020年12月稼働予定
・上ノ国第二風力発電所(北海道上ノ国町):41.532MW、2021年9月稼働予定

*アイキャッチ 出典:電源開発株式会社

【情報ソース】
せたな大里ウインドファームの運転開始について~北海道で6地点目、国内風力23地点目の運転開始~、2020年1月10日、電源開発株式会社

【関連記事】
【調査】Jパワー、北海道檜山エリア沖で洋上風力発電所の開発可能性調査/海底地形把握のため深浅測量を実施
【調査】住友商事・Jパワー、長崎県西海市沖で洋上風力発電事業性調査/風車基礎構造物の設計に必要な地盤情報を取得する
【技術】大林組、洋上風力発電における2つの構造形式(着床式・浮体式)で建設技術を確立

【おススメ!】
【寄稿】港湾法の一部改正 ー洋上風力発電事業の動向に着目してー
【寄稿】洋上風力発電事業の今後の展望とファイナンスの検討方法

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ