• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【開発】日立キャピタルなど、青森県五所川原市・中泊町の風力発電所(34.5MW)が竣工/売電収入の一部を地域の農林水産業へ活用

【開発】日立キャピタルなど、青森県五所川原市・中泊町の風力発電所(34.5MW)が竣工/売電収入の一部を地域の農林水産業へ活用

2019.08.14 事業参画・売買レポート


 2019年07月31日、日立キャピタル株式会社(以下、「日立キャピタル」)は同社のグループ会社である津軽風力発電株式会社(以下、「津軽風力発電」)が開発を進める十三湖風力発電所の竣工式を行ったことを発表した。

 十三湖風力発電所は青森県五所川原市相内と北津軽郡中泊町に建設された風力発電所だ。蓄電池を活用して、風力発電の出力変動を緩和し系統への影響を少なくする「出力変動緩和型」の施設となっている。株式会社日立パワーソリューションズがEPCを担当したが建設後の保守等も行う。

 当該風力発電所の発電出力は34.5MW、定格出力2,300kWの風車15基を使用した。年間発電量は一般家庭約2万4千世帯相当分の電力量になり、CO2(二酸化炭素)排出抑制効果は年間約5万4千トンになる見込み。発電した電力は固定価格取引制度に基づき東北電力株式会社に売電する。「農山漁村再生可能エネルギー法」に基づいた協定により、売電収入の一部は土地改良区の維持管理に資する取組みに利用される。

津軽風力発電株式会社・資本金:100百万円
・出資比率:日立サステナブルエナジー株式会社(80%)、株式会社ヤマガタ(10%)、武蔵電気工業株式会社(5%)、有限会社すずかぜ(5%)
日立サステナブルエナジー株式会社・資本金:50百万円
・出資比率:日立キャピタル株式会社(85.1%)、株式会社日立パワーソリューションズ(14.9%)
 

*アイキャッチ Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

【情報ソース】
青森県五所川原市、中泊町で34.5MWの十三湖風力発電所が竣工 風力発電事業を通じて地域の農林水産業の発展に貢献(*PDFファイルが開きます、389KB)、2019年07月31日、日立キャピタル株式会社(津軽風力発電株式会社、株式会社日立パワーソリューションズとの共同リリース)

【関連記事】
【戦略】日立製作所と日立キャピタル、モルディブの都市開発プロジェクトで海水淡水化ROシステム納入/設備・機器納入と資金融資枠をパッケージで提供
【調査】住友商事・Jパワー、長崎県西海市沖で洋上風力発電事業性調査/風車基礎構造物の設計に必要な地盤情報を取得する
【戦略】大林組、秋田県北部洋上風力発電事業でシーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー社と連携協定締結/大型風車納入や地域貢献について合意

, , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ