【稼働】SBエナジー・三菱UFJリース、秋田県三種町で風力発電所(7.5MW)の営業運転開始

2019.09.02 事業参画・売買レポート


 2019年08月29日、ソフトバンクグループ株式会社(以下、「ソフトバンク」)の子会社SBエナジー株式会社(以下、「SBエナジー」)と三菱UFJリース株式会社は両社が開発を進めていた秋田県山本郡三種町の風力発電所「ソフトバンク秋田琴丘ウインドファーム」の営業運転を2019年09月01日から開始することを発表した。

(ソフトバンク秋田琴丘ウインドファーム 出典:SBエナジー株式会社)

 当該発電所は定格出力2,500MWの風車3基を建設し、出力規模7.5MWの風力発電所だ。秋田県山本郡三種町鹿渡地区と鮭川地区ににまがる約37,000㎡の敷地を活用して建設した。年間予想発電量は約1,733万kWhを想定しており、一般家庭の使用電力量に換算して約4,800世帯相当になる見込みだ。

 発電所の運営はSBエナジーと三菱UFJリース子会社のMULエナジーインベストメント株式会社の折半出資によって設立された特別目的会社「秋田琴丘ウインドファーム合同会社」が行っている。

*アイキャッチ 出典:SBエナジー株式会社

【情報ソース】
「ソフトバンク秋田琴丘ウインドファーム」の運転開始について、2019年08月29日、SBエナジー株式会社(三菱UFJリース株式会社との共同リリース)

【関連記事】
【戦略】GPIと北海道電力、石狩湾新港における洋上風力発電事業で連携協定/一般海域への洋上風力発電事業拡大を目指す
【インフラマネジメント】ソフトバンク、2019年春よりドローンを活用した社会インフラの維持管理サービスを提供開始/ドローン撮影画像から3Dモデル生成、ボルトの緩みや亀裂を自動検知
【調査】Jパワー、北海道檜山エリア沖で洋上風力発電所の開発可能性調査/海底地形把握のため深浅測量を実施

【おススメ!】
【寄稿】洋上風力発電事業の今後の展望とファイナンスの検討方法

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)

月別アーカイブ