Archives for インフラファンド動向

インフラファンド動向

【募集】GPIF、オルタナティブ投資に係るコンサルティング業務提供者を募集/インフラ、PE、不動産の3分野で選定の方針

 2019年03月06日、年金積立金管理運用独立行政法人(以下、「GPIF」)は「オルタナティブ資産への投資に係るコンサルティング業務」を提供する事業者の募集を開始した。  当該業務は中長期的な投資戦略策定等を念頭にして
続きを読む
インフラファンド動向

【投資】JII、ダイナミックマップ基盤に上限20億円出資/米国Ushr社買収費用に充当、HDマップのグローバル展開加速

 2019年02月13日、ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社(以下、「JII」)は高精度3次元道路地図(以下、「HDマップ」)の提供を行っているダイナミックマップ基盤株式会社(以下、「DMP」)に2
続きを読む
インフラファンド動向

【ファンド組成】住友商事・三井住友銀行・DBJ、海外洋上風力発電事業投資ファンドを設立/シードアセットに英国「レースバンク」「ギャロパー」の2案件を組入れ

 2019年02月14日、住友商事株式会社(以下、「住友商事」)、株式会社三井住友銀行(以下、「三井住友銀行」)、株式会社日本政策投資銀行(以下、「DBJ」)は共同で出資するファンド運営会社『スプリング・インフラストラク
続きを読む
インフラファンド動向

【ファンド組成】丸紅・みずほ銀行・AM-One、海外インフラファンドを組成/交通・エネルギーインフラのエクイティ投資に特化

 2019年01月25日、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)、株式会社みずほ銀行(以下、「みずほ銀行」)、アセットマネジメントOne株式会社(以下、「AM-One」)の3社は海外インフラ資産へのエクイティ投資に特化したファン
続きを読む
インフラファンド動向

【上場】『エネクス・インフラ投資法人』が新規上場承認、2019年02月13日上場予定/6つ目のインフラファンドが上場

 2018年12月27日、株式会社東京証券取引所は『エネクス・インフラ投資法人』(証券コード:9286)の東京証券取引所インフラファンド市場への新規上場承認を発表した。上場予定日は2019年02月13日。インフラファンド
続きを読む
インフラファンド動向

【売買】JII、英国の都市間高速鉄道官民プロジェクトに投資/Hitachi Rail Europeから30%間接取得

 2018年11月11日、ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社(以下、「JII」)は英国の共同投資家3社と形成したコンソーシアムを通じて、Hitachi Rail Europe Limitedから「A
続きを読む
インフラファンド動向

【投資】スパークス・グループの「未来再エネファンド」、中部電力・三井住友銀行・みずほ銀行が新たに出資/236億円までファンド規模膨らむ

 2018年11月09日、スパークス・グループ株式会社(以下、「スパークス・グループ」)はトヨタ自動車株式会社(以下、「トヨタ」)とともに設立した「未来再エネファンド」(以下、「当該ファンド」)について、当初の予定通り1
続きを読む
インフラファンド動向

【ファンド組成】AMOAI・みずほ銀行・第一生命、海外インフラデットファンドを組成し運用開始/海外インフラ投資を拡大し、運用残高1,000億円目指す

 2018年11月01日、株式会社みずほ銀行(以下、「みずほ銀行」)はアセットマネジメントOneオルタナティブインベストメンツ株式会社(以下、「AMOAI」)と第一生命保険株式会社(以下、「第一生命」)と共に、インフラデ
続きを読む
インフラファンド動向

【投資】三菱商事とSurbana Jurong社(シンガポール)、アジア新興国で都市開発とインフラ整備を一体で推進/折半出資で新会社設立、今後5年間で5億ドル出資

 2018年09月14日、三菱商事株式会社(以下、「三菱商事」)はシンガポールの政府系投資会社Temasek Holdingsの100%子会社であるSurbana Jurong社(以下、「SJ社」)とともに、アジア諸国で
続きを読む
インフラファンド動向

【ファンド組成】スパークスとトヨタ、「未来再エネファンド」設立/トヨタは100億円出資、今後規模を拡大させ300億円規模を目指す

 2018年09月19日、スパークス・グループ株式会社(以下、「スパークス」)とトヨタ自動車株式会社(以下、「トヨタ」)はスパークスが再生可能エネルギー発電所を投資対象とするファンドを設立し、トヨタが当該新ファンドへ10
続きを読む
1 / 512345