• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【稼働】Jパワー・関西電力など、英国のトライトン・ノール洋上風力発電所で風車試験完了/2022年1~3月に運転開始

【稼働】Jパワー・関西電力など、英国のトライトン・ノール洋上風力発電所で風車試験完了/2022年1~3月に運転開始

2022.01.15 事業参画・売買レポート


 2022年1月14日、電源開発株式会社(以下、「Jパワー」)と関西電力株式会社(以下、「関西電力」)は共同で開発を進めている英国のTriton Knoll洋上風力発電所(以下、「トライトン・ノール洋上風力発電所」)において、風車試験を完了したことを発表した。本年1~3月期に風車全機の運転を開始する。

(トライトン・ノール洋上風力発電所 出典:電源開発株式会社)

 当該事業は英国東部リンカンシャー郡の沿岸から32km離れた北海で、発電容量85万7千kWの洋上風力発電事業を行うものだ。Vestas社製の定格出力9,500kWの大型風力発電機を90基使用する。トライトン・ノール洋上風力発電所の発電電力量は英国の一般家庭約80万世帯相当が見込まれている。英国のCfD(Contract for Difference)制度に基づき、発電された電力は運転開始から15年間に亘って固定価格(差額決済方式)で売電される。

 当該事業の持株会社はトライトンノール洋上風力発電事業会社(Triton Knoll HoldCo Limited)(事業会社はTriton Knoll Offshore Wind Farm Ltd.)。株主はRWE Renewables UK Sindon Limited(59%)、JP Renewables Europe Company Limited(25%)、関西電力グループ(16%)(*カッコ内の数字は事業会社への出資比率)。JP Renewables Europe Company LimitedはJパワーが議決権付普通株式100%保有しており、株式会社日本政策投資銀行は議決権のない優先株を保有している。

*アイキャッチ 出典:電源開発株式会社

【情報ソース】
英国トライトン・ノール洋上風力発電所の風車試験を完了しました、2022年1月14日、電源開発株式会社

【関連記事】
【開発】Jパワーと関西電力、英国のトライトン・ノール洋上風力発電事業に参画/MHI Vestas社製の大型風車90基使用、発電容量約86万kW
【開発】東京電力パワーグリッド、英国トライトンノール洋上風力発電所の送電事業の優先交渉権獲得
【戦略】損保ジャパン・SOMPOリスクマネジメント・CTA、洋上風力の事故事例の調査研究等について包括連携

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ