【開発】Jパワーとシン・エナジー、江差風力発電所の更新を共同で実施/GE社製の風車(4,200kW)5基へ

2021.07.25 事業参画・売買レポート


 2021年7月21日、電源開発株式会社(以下、「Jパワー」)は同社100%子会社である株式会社ジェイウインドが江差グリーンエナジー株式会社(以下、「江差GE社」)を100%子会社として設立し、江差ウインドパワー株式会社およびシン・エナジー株式会社(以下、「シン・エナジー」)から「(仮称)江差風力発電事業」(以下、「当該事業」)の実施に必要な事業用資産を承継したことを発表した。

 当該事業は江差ウインドパワー株式会社が開発した江差風力発電所の更新を行うものだ。2001年11月から運転している風車を、ゼネラル・エレクトリック社製の定格出力4,200kWの風車を5基に建て替える。総発電出力は最大21MWになる。発電した電力は固定価格買取制度に基づいて、全量を北海道電力ネットワーク株式会社へ売電する。建設工事は2021年度中に着工し、2022年12月に商業運転を開始とする予定だ。

 当該事業はJパワーとシン・エナジーの共同事業として進められる。今後、電気事業法等関係法令に基づいた所要の手続きやシン・エナジーからの出資を経て、江差GE社を実施主体とした共同事業推進体制の構築が進められる。最終的に江差GE社の出資比率はJパワーが70%、シン・エナジーが30%となる見通しだ。

*アイキャッチ 出典:電源開発株式会社

【情報ソース】
「(仮称)江差風力発電事業」を共同事業として実施します、2021年7月21日、電源開発株式会社

【関連記事】
【開発】Jパワー、島牧ウインドファームを更新へ/6基の風車を新型の大型風車(4.3MW)1基へ建て替え
【売買】大阪ガス・東急不動産・DBJ、青森県横浜町の陸上風力発電所(43.2MW)を取得/3社共同出資の第2号案件
【開発】Jパワー、築20年の風車19基を最新の大型風車8基へ更新/苫前ウィンビラ発電所

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ