【開発】Jパワー、築20年の風車19基を最新の大型風車8基へ更新/苫前ウィンビラ発電所

2020.08.10 事業参画・売買レポート


 2020年8月7日、電源開発株式会社(以下、「Jパワー」)は同社の100%出資子会社である株式会社ジェイウインドが苫前ウィンビラ発電所の更新工事を開始したことを発表した。

(苫前ウィンビラ発電所の現況写真 出典:電源開発株式会社)

 苫前ウィンビラ発電所は北海道苫前郡苫前町に所在しており、19基の風車(単機出力1,650kW及び1,500kW)を使用した風力発電所だ。2000年12月より20年間に亘って営業運転をしてきたが、設備の高経年化を踏まえ、国内最大級の風車に建て替える。

 新発電所ではシーメンスガメサ製の風車(単機出力4,300kW)8基を使用する。出力は現発電所と同出力の30.6MW。更新工事は2020年8月より開始し、2022年12月の営業運転開始を目指して進める。

 Jパワーグループが進める風力発電事業は初号地点の運転開始から20周年となる。高経年化が進んだ地点の設備については今後も順次更新する方針だ。

*アイキャッチ 出典:電源開発株式会社

【情報ソース】
苫前ウィンビラ発電所の更新工事開始について~Jパワーグループ国内風力初の更新地点~、2020年8月7日、電源開発株式会社

【関連記事】
【開発】Jパワー、米国テキサス州で2つ目の太陽光発電開発に着手/交流出力40万kW
【保険】損害保険ジャパン・SOMPOリスクマネジメント、洋上風力発電事業者向けにリスク評価と包括保険をセットで提供開始
【ファンド】三菱重工、コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズと協業/北海道の洋上風力発電プロジェクトで

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ