【出資】東急不動産・大阪ガス・DBJ、青森県の陸上風力発電事業へ共同出資

2020.11.01 事業参画・売買レポート


 2020年10月28日、東急不動産株式会社(以下、「東急不動産」)、大阪ガス株式会社(以下、「大阪ガス」)、株式会社日本政策投資銀行(以下、「DBJ」)の3社はともに、再生可能エネルギーの更なる普及・拡大に貢献することを目的として共同出資に関する覚書を締結したことを発表した。第一号案件として、青森県野辺地陸奥湾風力発電事業(以下、「当該事業」)を行っている合同会社青森風力に匿名組合出資を行った。

 当該事業は青森県上北郡野辺町に発電規模36,000kW(定格出力3,600kWの風車11基)の陸上風力発電所を建設・操業するものである。これまで日本風力開発株式会社が事業開発を進めてきたが、今後は東急不動産、大阪ガス、DBJが共同事業者として参画する。建設工事には2020年10月に着工し、運転開始時期は2022年4月となる計画だ。

【情報ソース】
陸上風力発電事業への共同出資について、2020年10月28日、東急不動産株式会社

【関連記事】
【増資】東急不動産、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人が行う第三者割当増資を引受
【稼働】東急不動産と日本風力開発、北海道初の蓄電池併設型風力発電所を稼働/日本最大の風車12基使用、定格出力40.8MW
【売買】大阪ガス、日揮HDから大分の太陽光発電事業会社の株式51%を取得し100%子会社へ/パネル出力26.54MW

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ