• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【稼働】東急不動産と日本風力開発、北海道初の蓄電池併設型風力発電所を稼働/日本最大の風車12基使用、定格出力40.8MW

【稼働】東急不動産と日本風力開発、北海道初の蓄電池併設型風力発電所を稼働/日本最大の風車12基使用、定格出力40.8MW

2019.04.27 事業参画・売買レポート


 2019年04月26日、東急不動産株式会社(以下、「東急不動産」)と日本風力開発株式会社(以下、「日本風力開発」)は北海道松前郡松前町で開発を進めていたリエネ松前風力発電所の運転開始を発表した。運転開始日は2019年04月03日。

(リエネ松前風力発電所の位置図 出典:東急不動産株式会社・日本風力開発株式会社)

 当該事業は北海道松前郡松前町で定格出力3,400kWの風車12基を使用して、発電容量40.8MWの風力発電所を運営するものである。風車はシーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー社製のものを使用する。タワーの高さは94m、ブレードを含めた全高は148mとなり、2019年04月時点で運転している風車としては日本最大のものだ。年間を通じた発電量は10,590万kWh/年(一般家庭の使用電力量に換算すると約30,000世帯相当)を見込んでいる。

 リエネ松前風力発電所は北海道では初の蓄電池を併設した風力発電所であることが特長だ。北海道電力の「風力発電設備の出力変動緩和対策に関する技術要件」を満たした形で、風による発電の出力変動を吸収し、安定した電力供給が可能となっている。

(リエネ松前風力発電所 出典:東急不動産株式会社・日本風力開発株式会社)

*アイキャッチ 出典:東急不動産株式会社・日本風力開発株式会社

【情報ソース】
リエネ松前風力発電所の運転開始について~北海道発の蓄電池併設型風力発電所~、2019年04月26日、東急不動産株式会社(日本風力開発株式会社との共同リリース)

【関連記事】
【戦略】東急不動産とリニューアブル・ジャパン、資本業務提携を強化/提携範囲を太陽光発電事業に限定せず、再エネ分野全般に拡大
【開発】中部電力・東急不動産・三菱UFJリース・シンエネルギー開発、鳥取県米子市でバイオマス発電所/出力54.5MW、2022年03月稼働予定
【戦略】東急不動産、全国25ヵ所で再エネ事業(計450MW)を本格展開/今後はバイオマスや地熱などの電源開発も

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)

月別アーカイブ