• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【開発】伊藤忠商事・日立造船、青森県の陸上風力発電事業で合同会社設立/風車15基(53MW)の稼働は2023年以降

【開発】伊藤忠商事・日立造船、青森県の陸上風力発電事業で合同会社設立/風車15基(53MW)の稼働は2023年以降

2019.12.22 事業参画・売買レポート


 2019年12月16日、伊藤忠商事株式会社(以下、「伊藤忠商事」)と日立造船株式会社(以下、「日立造船」)は青森県のむつ小川原港周辺地区で行う陸上風力発電事業の運営に向けて合同会社を設立したことを発表した。

 合同会社は伊藤忠商事と日立造船の折半出資で設立されている。合同会社名称は『むつ小川原風力合同会社』。当該合同会社が青森県上北郡六ヶ所村の太平洋に面した地区に陸上風力発電所を建設し運営を行う。風車の設置数は15基、発電出力は57MWとなることが予定されている。稼働開始は2023年以降となりそうだ。

【情報ソース】
青森むつ小川原陸上風力発電事業運営に向けた合同会社設立、2019年12月16日、伊藤忠商事株式会社(日立造船株式会社との共同リリース)

【関連記事】
【PPP】伊藤忠商事、セルビア共和国でPPP廃棄物処理発電事業を落札/25年運営で約16億ユーロの事業収益
【開発】日立造船とコスモエネルギー、青森西北沖洋上風力発電事業の運営会社を共同設立/風車最大125基、発電出力約500MWで事業化検討
【稼働】豊田通商・ユーラスエナジー、エジプトの陸上風力発電IPP事業で竣工式/2.1MWの風車125基建設し262.5MW

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ