【開発】JOIN、米国テキサス高速鉄道事業へ約29億円の追加資金拠出

2020.07.24 インフラファンド動向


 2020年7月21日、株式会社海外交通・都市開発事業支援機構(以下、「JOIN」)はテキサス州のダラス・ヒューストン間を結ぶ高速鉄道事業の開発資金として、当該事業開発主体であるTexas Central Rail Holdings,LLC(以下、「テキサス・セントラル社」)に対して追加資金拠出を行うことを発表した。

 JOINと株式会社国際協力銀行が共同設立した特別目的事業体(SPV)を通じて、テキサス・セントラル社に約29億円を追加資金拠出する。これは2018年09月07日にテキサス・セントラル社との間で締結した社債引受契約(最大引受額は300百万ドル)に基づいたものだ。(当該社債引受契約の最大引受額は7月16日の同タイミングで、300百万ドルから327.5百万ドルへ改訂された。)国土交通省は当該事業推進に不可欠な特例技術の承認や環境影響評価のプロセスに重要な進展が見られることなどから、7月6日付で当該資金拠出を認可している。

 当該事業はテキサス州のダラスーヒューストン間を高速鉄道により約90分で結ぶプロジェクト、テキサス・セントラル社が事業主体だ。日本の新幹線システムの採用が予定されており、日米インフラ協力の象徴的なプロジェクトと位置づけられている。これまでも積極的に支援が行われており、JOINがこれまでに行った資金拠出はテキサス・セントラル社への出資として約49億円、SPVを通じた拠出として約180億円となっている。

 事業は調査・プロモーション段階、開発段階、建設・運営段階とフェーズを大きく3つに分けて進められており、今回の追加支援は開発段階にあたるものだ。 

*アイキャッチ Photo by Random Sky on Unsplash

【情報ソース】
米国テキサス州における高速鉄道事業へのJOINによる資金拠出を認可~日本の新幹線システム導入への後押しを図ります~、2020年7月21日、国土交通省

米国テキサス州高速鉄道事業に係わる開発資金支援(*PDFファイルが開きます、292KB)、2020年7月21日、株式会社海外交通・都市開発事業支援機構

【関連記事】
【戦略】JR東海、米国テキサス州に子会社設立/テキサス高速鉄道プロジェクト
【売買】NEXCO西日本・JEXWAY・JOIN、インドネシア共和国の高速道路4路線の運営に参画/道路運営会社の株式10%を取得
【売買】関西電力、米国テキサス州のアビエータ陸上風力発電事業に参

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ