• Home
  • トピック
  • 【戦略】村田製作所、フィリピン工場を100%再エネ利用工場へ

【戦略】村田製作所、フィリピン工場を100%再エネ利用工場へ

2021.12.22 トピック


 2021年12月20日、株式会社村田製作所(以下、「村田製作所」)は同社の生産子会社Philippine Manufacturing Co. of Murata, Inc(以下、「フィリピン工場」)の使用電力のすべてを2022年1月1日より再生可能エネルギーに転換することを発表した。フィリピン工場は村田製作所にとって再生可能エネルギー100%に転換する初めての海外拠点となる。

 村田製作所は2021年5月に、フィリピン工場の生産棟屋根へ6,768枚の太陽光パネルを設置しており、出力は2,978kWとなっている。年間の発電電力量は422万kWh、CO2削減効果は約2,947トンとなる見込みだ。多くの火山島があるフィリピンは米国に次いで、世界第2位の地熱発電大国である。今後は地の利を生かして、太陽光発電由来の電力に加え、地熱発電を中心とする再生可能エネルギーも活用する方針だ。

 村田製作所はRE100(Renewable Energy 100)やSBT(Science Based Targets)に沿った事業運営を通じてモノづくりにおける温室効果ガス削減を掲げており、温室効果ガス排出量は2019年度比で、2024年度には20%減、2030年度には46減を目指している。再生可能エネルギー導入比率は2024年度には25%、2030年度には50%、2050年度には100%となるよう目標が設定されている。

*アイキャッチ 出典:株式会社村田製作所

【情報ソース】
フィリピン工場を海外生産拠点として初の100%再生可能エネルギー利用工場に、2021年12月20日、株式会社村田製作所

【関連記事】
【開発】双日・大阪ガス・Looop、ベトナムで屋根置き太陽光発電事業を始動
【戦略】花王グループ、酒田工場の屋根を活用した自家消費型太陽光発電設備(2.8MW)が稼働
【PPA】オリックス、カイハラ産業の三和工場屋根を借り受け太陽光発電(2.2MW)
【開発】SMFL・SMFLみらいパートナーズ、台湾で漁電共生型太陽光発電プロジェクト(発電容量:135.6MW)に参画

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ