【セミナー紹介】『 「エネルギー供給強靭化法」施行を踏まえた発電事業の運営とプロジェクトファイナンスの重点 』の開催 (2021年02月10日)

2020.12.27 ナレッジパートナーの講演・イベント情報

ナレッジパートナー:越元 瑞樹


日本計画研究所(JPI)
 
 「エネルギー供給強靭化法」施行を踏まえた発電事業の運営とプロジェクトファイナンスの重点 』の開催

日程 : 2021年02月10日 (水) 13:30~15:30
会場 : JPIカンファレンススクエア(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 : 越元 瑞樹 氏(TMI総合法律事務所 パートナー弁護士・ニューヨーク州弁護士)
   : 木村 勝利 氏(TMI総合法律事務所 弁護士)

〇概要

 エネルギー供給強靭化法が2022年4月1日に施行されるに伴い、発電事業者のビジネス環境も大幅に変わることになります。同時に既存のFIT認定取得案件についての運営も検討しなければならないことになります。上記の既存案件・新規案件に関して、エネルギー供給強靭化法施行後の制度変更を概観したうえで、実際にストラクチャリングやファイナンスで重要となる点について分かりやすく解説いたします。

〇講義項目

1.エネルギー供給強靭化法の成立
 (1)エネルギー強靭化法の概要
 (2)FIP制度の導入
 (3)アグリゲーション・ビジネス
 (4)太陽光発電設備の廃棄費用対策
 (5)未稼働案件の失効制度
 (6)その他の留意点
2.エネルギー供給強靭化法の施行を踏まえた発電事業の動き
 (1)電力卸売市場等の電力市場の概観
 (2)コーポレートPPA
 (3)競争電源と地域活用電源
 (4)洋上風力発電事業の動向
 (5)その他の動き
3.発電事業のスキームー再生可能エネルギー事業を中心にして
 (1)想定されるファイナンス・スキーム
 (2)プロジェクトファイナンス
 (3)インフラファンドの組成及び出口戦略
 (4)セカンダリー取得の際の留意点
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会

*アイキャッチ Photo by Mikael Kristenson on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 2022年4月1日「エネルギー供給強靭化法」施行を踏まえた発電事業の運営とプロジェクトファイナンスの重点 』のご案内

【関連記事】
【寄稿】洋上風力発電に関する近時の動向及び法改正について
【寄稿】港湾法の一部改正 ー洋上風力発電事業の動向に着目してー

【寄稿】洋上風力発電事業の今後の展望とファイナンスの検討方法

, , , , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ