• Home
  • トピック
  • 【戦略】東京電力ホールディングス、再生可能エネルギー発電事業を分社化/2030年度の利益目標を1,000億円へ

【戦略】東京電力ホールディングス、再生可能エネルギー発電事業を分社化/2030年度の利益目標を1,000億円へ

2019.08.08 トピック


 2019年08月07日、東京電力ホールディングス株式会社(以下、「東京電力ホールディングス」)は同社の再生可能エネルギー発電事業について分社化する方針を固めたことを発表した。

 分社化することで、国内外のパートナーとの連携や大規模な投資等に対する迅速な意思決定、或いはそれを支える柔軟な資金調達をできるようにする。加えて、同社グループの再生可能エネルギー分野での取組みに対する認知度を向上させることも狙いだ。

(分社後の組織時(2020年04月01日予定) 出典:東京電力ホールディングス株式会社)

 2020年04月01日を目途に分社化を進める予定で、今後は2019年10月に承継会社となる新会社(東京電力ホールディングスの完全子会社)を設立し、11月には東京電力ホールディングスと新会社との間で吸収分割契約を締結する。

 東京電力ホールディングスは国内外で600~700万kWの総開発規模を目標に掲げて再生可能エネルギー由来の電源開発を進めているが、分社後は事業規模・収益を拡大させ、2030年度の利益目標として1,000億円を目指す方針だ。

*アイキャッチ Photo by Adeolu Eletu on Unsplash

【情報ソース】
再生可能エネルギー発電事業の分社化方針の決定について~再生可能エネルギー発電事業領域におけるリーディングカンパニーへ~、2019年08月07日、東京電力ホールディングス株式会社

【関連記事】
【インフラマネジメント】東京電力HD、銚子沖洋上風力発電所で水中ロボット・空中ドローンの実証実験/データ収集の自動化を目指す
【戦略】東京電力HD、Ørsted社と洋上風力発電事業で協働/広範な戦略的パートナーシップも視野
【売買】東京電力HD、ベトナム水力発電事業に出資参画/海外水力発電案件の第1号、発電所運営ノウハウで収益力高める

, , , , ,


月別アーカイブ