• Home
  • トピック
  • 【戦略】新潟市・JFEエンジニアリング・第四北越フィナンシャルグループ、官民連携による地域新電力会社を設立/新潟市内の公共施設へ再エネ由来の電力を供給

【戦略】新潟市・JFEエンジニアリング・第四北越フィナンシャルグループ、官民連携による地域新電力会社を設立/新潟市内の公共施設へ再エネ由来の電力を供給

2019.08.07 トピック


 2019年07月18日、新潟市と株式会社JFEエンジニアリング(以下、「JFEエンジニアリング」)、株式会社第四北越フィナンシャルグループ(以下、「第四北越フィナンシャルグループ」)はともに、官民連携による地域新電力会社「新潟スワンエナジー株式会社」(資本金:5,000万円)を設立し、2019年11月より電力小売事業を開始することを発表した。

 当該地域新電力会社はJFEエンジニアリングが85%、新潟市が10%、株式会社第四銀行が5%出資する形で設立された。行政・民間・金融機関が連携して設立した新潟県内初の官民連携事業会社(以下、「新会社」)となる。新会社は新田清掃センター(*)で発電された再生可能エネルギー由来の電力のうち、余剰電力を新潟市内にある約100の公共施設に供給する。新会社は、将来的には電力小売り事業のほかに、太陽光発電設備や蓄電池、BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)の設置・運用によるエネルギーマネジメント事業を展開する方針だ。事業収益の一部は新潟市に還元され低炭素化事業に活用される。

(新田清掃センター 出典:新潟市)

(*)新田清掃センターは昭和61年に稼働し老朽化が進んだ旧焼却施設の代替施設として平成24年に稼働開始した施設。建て替え事業は(新潟市新焼却施設整備・運営事業)は新潟市初のPFI事業(DBO方式)として実施され、事業者としてJFE環境ソリューションズ株式会社が代表企業を務めたグループが選定されている。当該事業では搬入される一般廃棄物等を処理するとともに、焼却廃熱を利用した発電や熱供給も行っている。

*アイキャッチ 出典:JFEエンジニアリング株式会社

【情報ソース】
新潟市地域新電力会社「新潟スワンエナジー株式会社」の設立について、2019年07月18日、JFEエンジニアリング株式会社

【関連記事】
【戦略】広島県福山市とJFEエンジニアリング、地域新電力会社を設立/来年4月より電力小売事業スタート
【PFI】北越銀行、新潟県立武道館の整備・運営事業でプロジェクトファイナンス組成/地元金融機関4社協調で58.7億円を融資
【戦略】青い森鉄道、台湾鉄路(縦貫線)と姉妹鉄道協定締結/相互誘客と観光交流拡大目指す

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ