• Home
  • トピック
  • 【戦略】広島県福山市とJFEエンジニアリング、地域新電力会社を設立/来年4月より電力小売事業スタート

【戦略】広島県福山市とJFEエンジニアリング、地域新電力会社を設立/来年4月より電力小売事業スタート

2018.12.28 トピック


 2018年12月25日、広島県福山市とJFEエンジニアリング株式会社(以下、「JFEエンジニアリング」)は地域新電力会社「福山未来エナジー株式会社」(以下、「福山未来エナジー」)を設立したことを発表した。来年4月から電力小売事業を開始する。

 官民連携した形での新電力会社の設立は瀬戸内地方初となる。資本金1億円を出資し、12月25日に新設された。出資者は福山市(10%)とJFEエンジニアリング(90%)(*カッコ内の数字は出資比率)。

 福山未来エナジーは今後、福山リサイクル発電株式会社などから調達する再生可能エネルギー電力などを福山市内の公共施設を中心に供給する予定。将来的には他の再生可能エネルギー電力も新たに調達することで福山市域の民間企業への電力供給も目指す方針だ。

(福山市リサイクル発電 出典:JFEエンジニアリング株式会社)

 福山リサイクル発電事業は広島県下の9市町村が運営する7つのRDF製造施設でつくられたRDF(Refuse Derived Fuel:ごみ固形化燃料)を活用して、発電やRDFの溶融スラグ化等を行う事業だ。発電量は21.6MW。福山市やJFEエンジニアリングも当該事業の事業会社へ出資参画している。

 福山市は今年度策定する第二次福山市環境基本計画の中でエネルギーの地産地消を施策として掲げており、これまでも福山リサイクル発電事業に参画するなど循環型社会の構築を目指して積極的に取組んでいる。

*アイキャッチ 福山市リサイクル発電 出典:JFEエンジニアリング株式会社

【情報ソース】
地域新電力会社を設立~瀬戸内地方初、廃棄物発電の電力を地産地消~

【関連記事】
【戦略】JFEエンジニアリング、福山市水道施設を対象とした最適運転管理システムを産学官で共同研究/水道施設での省エネやAI活用を実証
【コンセッション】大津市、大津市ガス事業の優先交渉権者に大阪ガス・JFEエンジニアリング・水道機工のグループを選定/業務の引継ぎ方や料金値下げ案などが高評価
【マネジメント】JFEエンジニアリング、本社にプラントの統合監視センターを創設/国内外の発電施設などに遠隔保守・操業支援サービスを提供

, , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ