• Home
  • トピック
  • 【戦略】東京電力HD、Ørsted社と洋上風力発電事業で協働/広範な戦略的パートナーシップも視野

【戦略】東京電力HD、Ørsted社と洋上風力発電事業で協働/広範な戦略的パートナーシップも視野

2019.01.21 トピック


 2019年01月18日、東京電力ホールディングス株式会社(以下、「東京電力HD」)とデンマークの大手総合エネルギー会社Ørsted A/S(以下、「Ørsted社」)は、洋上風力発電事業の協働について覚書を締結したことを発表した。

 今後は東京電力HDが海底地盤調査を行い実現可能性について検証を進めている「千葉県銚子沖での洋上ウィンドファーム事業」について協働して検討を行う。加えて、広範な戦略的パートナーシップに向けても協働を進める方針だ。

 Ørsted社は1991年に世界初の洋上風力発電所を設置して以降、20年以上に亘って洋上浮力発電所を建設し、その数は欧州を中心に25箇所以上にもなる。最近では米国や台湾においても大規模洋上風力発電事業の開発を積極的に進めている。昨年4月と6月にも台湾彰化沖での洋上風力発電事業の事業者に選定されており、2案件の発電出力の合計は1,820MW規模となっている。

*アイキャッチ 洋上風力実証設備と風況観測タワー 出典:東京電力ホールディングス株式会社

【情報ソース】
洋上風力事業の協働について覚書を締結、2019年01月18日、東京電力ホールディングス株式会社

【関連記事】
【開発】東京電力HD、千葉県銚子沖で洋上風力発電事業の実現可能性を検証/SEP活用し海底地盤構造を面的に把握
【融資】日本生命、英国の洋上風力発電事業に200百万英ポンド(約286億円)PF融資/Race Bank Offshore Windfarm、風車91基使用し発電容量573.3MW
【売買】丸紅、英国ウェスタモスト・ラフ洋上風力発電事業をGIGに譲渡/風車35基、発電容量210MW

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ