• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【稼働】エア・ウォーター・中国電力、山口県防府市でバイオマス石炭混焼発電所が営業運転開始/混焼率50%(熱量ベース)で発電端出力112MW

【稼働】エア・ウォーター・中国電力、山口県防府市でバイオマス石炭混焼発電所が営業運転開始/混焼率50%(熱量ベース)で発電端出力112MW

2019.07.26 事業参画・売買レポート


 2019年07月22日、エア・ウォーター株式会社(以下、「エア・ウォーター」)と中国電力株式会社(以下、「中国電力」)は防府バイオマス・石炭混焼発電所の営業運転を開始したことを発表した。

(防府バイオマス・石炭混焼発電所の外観 出典:中国電力株式会社)

 当該発電所は山口県防府市のエア・ウォーター防府工場内に建設されたバイオマス・石炭混焼発電所だ。2014年09月より環境影響評価の検討が開始され、2017年06月の建設工事着工を経て、2019年7月21日より営業運転を開始した。

 その名の通り、木質バイオマス(山口県森林組合連合会から調達する未利用間伐材や海外から輸入するPKS等)と石炭を混焼して発電を行う。循環流動層ボイラ(CFB)を使用し、熱量ベースで木質バイオマス50%:石炭50%(木質バイオマスの割合は最大50%)の混焼率で燃料を使用する。発電出力は112MW、想定年間発電量は約8億kWhを見込んでいる。発電した電力は固定価格買取制度(FIT制度)に基づき売電する。

 事業会社はエア・ウォーター&エネルギア・パワー山口株式会社(資本金:20億円)。エア・ウォーター(51%)と中国電力(49%)が共同で2015年02月に設立している。(*カッコ内の数字は出資比率)

*アイキャッチ 出典:中国電力株式会社

【情報ソース】
防府バイオマス・石炭混焼発電所の営業運転開始について(*PDFファイルが開きます、723KB)、2019年07月22日、エア・ウォーター株式会社

【関連記事】
【開発】中国電力、広島ガスやエア・ウォーターとそれぞれバイオマス発電事業会社を設立/発電出力は広島で100MW、福島で75MW
【開発】タカフジ・九電みらいエナジー・大分瓦斯・三菱UFJリース、大分市で木質バイオマス発電(22MW)/三菱日立パワーシステムズインダストリー製のボイラー使用
【戦略】九州電力、豪州ビクトリア州政府と木質バイオマス資源活用の研究について覚書締結/バイオマス混合新燃料を開発

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ