【参画】中国電力・JBIC、フィジー共和国唯一の電力会社Energy Fiji Limitedに出資

2021.03.27 事業参画・売買レポート


 2021年03月26日、中国電力株式会社(以下、「中国電力」)と株式会社国際協力銀行(以下、「JBIC」)は共同でフィジー共和国の電力会社であるEnergy Fiji Limited(以下、「EFL社」)へ出資参画することを発表した。

(Energy Fiji Limitedへの出資参画体制 出典:中国電力株式会社)

 すでにEFL社へ44%出資する株主間契約をフィジー政府と締結しており、中国電力がシンガポールに新たに設立した中間持株会社を通じてEFL社へ出資する。EFL社の出資比率はフィジー政府が51%、中国電力とJBICが44%、一般投資家が5%となっている。

 EFL社はフィジーにおいて発電・送配電・小売事業を一貫して担う唯一の電力会社だ。同社にはフィジー政府が過半を出資している。同国政府の「National Development Plan」では2036年までに再生可能エネルギー比率を100%まで引き上げる目標を掲げており、EFL社は水力や太陽光等の再生可能エネルギーの導入拡大を目指して電源開発を積極的に進める方針である。

 EFL社の所有する発電設備は内燃力が10か所(18.1万kW)、水力が6か所(13.8万kW)、風力が1か所(1.0万kW)ある。ビチレブ島、オバラウ島、バヌアレブ島、タベウニ島の4島で主に電力供給を行っており、年間の販売電力量は9.5億kWh。

*アイキャッチ Photo by Prem Kurumpanai on Unsplash  

【情報ソース】
フィジー共和国Energy Fiji Limitedへの出資参画について、2021年03月26日、中国電力株式会社
フィジー共和国法人Energy Fiji Limitedに対する出資 日本企業の海外事業展開を支援、2021年3月26日、株式会社国際協力銀行

【関連記事】
【参画】中国電力・中電工、台湾花蓮県の水力発電事業(約37.1MW)に出資
【融資】JBICなど、JERAが進めるバングラデシュの天然ガス焚複合ガス火力発電事業に協調融資/融資総額は642百万米ドル
【EPC・O&M】IHI、八代バイオマス発電所のEPC業務及び運転・保守業務を受注

, , , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ