2019年02月25日、株式会社レノバ(以下、「レノバ」)は同社が中心となり進めている徳島津田バイオマス発電事業への最終投資決定を行い、事業化が決定したことを発表した。

 当該事業は徳島県徳島市津田海岸町にバイオマス発電所を建設・運営するものである。出力の規模は約74.8MW、年間の発電量は約50,000万kWhを想定している。一般家庭の使用電力に換算すると約15万世帯相当となる。着工は2019年春頃を予定しており、予定通りに進めば2023年03月にも運転開始となる。

(位置図 出典:大阪ガス株式会社)

 当該事業の事業会社は徳島県津田バイオマス発電所合同会社。筆頭株主はレノバ(36.10%)、その他の参画企業は大阪ガス株式会社(33.5%)、NECキャピタルソリューション株式会社(12.35%)、三菱電機クレジット株式会社(12.35%)、株式会社ゲンボク(1.9%)、大利木材株式会社(1.9%)、徳島電気産業株式会社(1.9%)。(*カッコ内の数字は出資比率)

 当該事業に対するプロジェクトファイナンスの組成も発表されており、融資シンジケート団による融資によって事業費を調達するようだ。三井住友信託銀行株式会社が主幹事を務めている。

○融資シンジケート団
・三井住友信託銀行株式会社(主幹事)
・株式会社阿波銀行
・日本生命保険相互会社
・株式会社滋賀銀行
・株式会社徳島銀行
・第一生命保険株式会社
・株式会社常陽銀行
・株式会社商工組合中央金庫
・株式会社第四銀行
・株式会社高知銀行
・他1行
・三菱UFJリース株式会社(メザニンレンダー)

*アイキャッチ 出典:株式会社レノバ

【情報ソース】
当社の大型バイオマス発電事業に関する最終投資決定のお知らせ(*PDFファイルが開きます、316KB)、2019年02月25日、株式会社レノバ

徳島県徳島市津田海岸町におけるバイオマス発電所の事業化決定について、2019年02月25日、大阪ガス株式会社

【関連記事】
【投資】レノバや住友林業など5社、福岡県でバイオマス専焼発電事業に共同出資/出力規模75MW、FIT価格24円/kWh
【開発】大阪ガス・ガスアンドパワー、千葉県袖ケ浦市でバイオマス専焼発電事業/国内最大級の出力7.5万kW
【戦略】東京電力フュエル&パワー、富山県のバイオマス発電事業でO&MとOEサービスを受注/自社案件以外にもO&M関連サービスを提供

【おススメ!】
セミナーのご紹介:『(全2回シリーズ)海外プロジェクトファイナンスの実務【基礎編】【応用編】』の開催 (2019年04月19日、05月17日)
【コラム】(インフラプロジェクト事業開発・運営の現場から)第2回 プロジェクトカンパニーの設立と運営(1)