【開発】丸紅・JAG国際エナジー・大阪ガス、愛知県田原市で出力75MWのバイオマス発電所を共同開発

2020.11.07 事業参画・売買レポート


 2020年11月5日、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)はJAG国際エナジー株式会社(以下、「JKE」)、大阪ガス株式会社(以下、「大阪ガス」)とともに、特別目的会社「愛知田原バイオマス発電合同会社」を通じて、愛知県田原市で愛知田原バイオマス発電所(仮称)を開発することを発表した。

(発電所位置図 出典:大阪ガス株式会社)

 当該事業は敷地面積約5haの愛知県田原市臨海工業地域内田原4区の一部において、発電出力75MWの木質専焼バイオマス発電所を建設・運営するものだ。燃料には木質ペレットを使用する。商用運転開始後のオーナーズエンジニアリング業務(*)は大阪ガスの100%子会社であるDaigasガスアンドパワーソリューション株式会社が受託する。工事開始は2021年9月を予定しており、2024年10月の商業運転開始を目指す。

(*)プレスリリースより引用
オーナーズエンジニアリング業務:事業者に技術的な支援を行うもの。

 愛知田原バイオマス発電合同会社への出資比率は丸紅クリーンパワー株式会社が37.5%、JKEが37.5%、大阪ガスが25%となっている。

*アイキャッチ フォトハカンNURALUnsplash

【情報ソース】
愛知県田原市における発電出力75MWの木質専焼バイオマス発電所の開発について~2024年10月の運転開始を目指します~、2020年11月05日、丸紅株式会社

【関連記事】
【開発】丸紅・中部電力、岐阜県安八郡で木質専焼バイオマス発電所を計画/出力7,300kW、2023年3月稼働予定
【開発】レノバなど、宮城県仙台市の仙台蒲生バイオマス発電所(74.95MW)の工事着工へ/2023年11月に運転開始の予定
【出資】東急不動産・大阪ガス・DBJ、青森県の陸上風力発電事業へ共同出資

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ