• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ』 (日本経済新聞出版社)

【書籍案内】『エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ』 (日本経済新聞出版社)

2018.02.23 書籍案内



書籍名 :       エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ
著者名 :       竹内 純子(編著)/伊藤 剛(著)、岡本 浩(著)、戸田 直樹(著)
発行所 :       日本経済新聞出版社
判 型 :    A5版
ページ :       160ページ
価格(税別) :  1,700円
発行年月 :    2017年09月05日    ISBNコード : 978-4-532-32170-3

 

内容紹介                                                                                                                              

経営共創基盤 代表取締役CEO 冨山和彦氏 推薦
「電力システム改革は、電力業界の構造改革に留まらない。業界の枠を超えた新たな産業創出と次世代エネルギービジネスに関心を持つあらゆる人にとって必読者となる一冊。電力システム改革の近未来像がここにある」

エネルギー問題に関心がある読者向けに専門情報をコンパクトにまとめました。 業界第一線の専門家がタッグを組み電力自由化の先を見すえ、エネルギー問題を取り巻く外的要因から最新技術の動向を踏まえて、2050年のエネルギーのあり方を予測。

人口減少や電力自由化、デジタル化、分散型発電などが進むことで、電力はどのように変わるのかを利用者側、事業者側の双方の観点から解説しており、今後の原子力発電のあり方についても言及しています。

エネルギー関連の研究者や実務家には役立つ最新情報が含まれるほか、エネルギーを軸に新たなビジネスや起業の機会をうかがう読者にも企画立案の参考にもなる一冊です。

主要目次                                                                                                                              

第1章 電力の未来を読み解く

1 選択できる未来――2つのストーリー
2 2050年のエネルギー産業――理解しておくべきポイント

第2章 世の中のあり方が変わった
1 Depopulation――人口減少
2 Decarbonization――脱炭素化
3 Decentralization――分散化
4 Deregulation――自由化
5 Digitalization――デジタル化

第3章 ゲームチェンジ
1 エネルギー小売業界の変革
2 「限界費用ゼロ」時代の発電ビジネス
3 原子力に未来はあるか?
4 ネットワークとUtility3.0

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ 』- (日本経済新聞出版社)

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ