• Home
  • トピック
  • 【戦略】損保ジャパンとSOMPOリスクマネジメント、潮流発電事業向けの包括保険・リスクマネジメントサービスの提供開始

【戦略】損保ジャパンとSOMPOリスクマネジメント、潮流発電事業向けの包括保険・リスクマネジメントサービスの提供開始

2021.08.15 トピック


 2021年8月5日、損害保険ジャパン株式会社(以下、「損保ジャパン」)とSOMPOリスクマネジメント株式会社(以下、「SOMPOリスクマネジメント」)は「潮流(海流)発電包括保険」の販売と海洋再生可能エネルギーに係るリスクマネジメントサービスの提供を開始することを発表した。

 潮流発電に係る固有リスクを包括的に保証することで、国内において実用化に向けた取組みが進む潮流発電分野への挑戦を後押しする狙いがある。

 「潮流(海流)発電包括保険」は、潮流(海流)発電設備全体の建設工事や発電運転に関わる財物損害を補償(Section1)するほか、第三者賠償責任(物的損害、人的損害)も補償(Section2)する。加えて、洋上特有の各種費用についての特約(オプション)もあり、Section1によって補償される損害が発生した場合には作業用船舶待機費用や損害防止費用なども補償の対象とすることができる。

 「潮流発電設備の定性リスク評価」では、工事期間中や運転期間中の潮流発電設備の安全性評価をSOMPOリスクマネジメントが行う。立地状況などを踏まえて、保険対象に生じる故障や事故の発生リスクやその他の建設・運転に関するリスクも簡易的に評価する。

 日本は排他的経済水域世界第6位の海洋国であり、洋上風力発電分野をはじめ海洋再生可能エネルギーの導入には期待が大きい。潮流(海流)発電については一年中安定した発電が見込めるものの、海洋工事特有のリスクを軽減し、安定した事業運営の実証が重要となるなど、実用化に向けた取組が求められる状況にある。損保ジャパンとSOMPOリスクマネジメントは今後も、成長が見込まれる洋上風力発電を始めとした海洋再生可能エネルギーの普及促進を進める考えだ。

*アイキャッチ Photo by Lance Asper on Unsplash

【情報ソース】
海洋再生可能エネルギー普及を支援する潮流(海流)発電包括保険の発売~潮流(海流)発電に係る固有リスクを包括的に補償~(*PDFファイルが開きます、239KB)、2021年8月5日、損害保険ジャパン株式会社(*SOMPOリスクマネジメント株式会社との共同リリース)

【関連記事】
【保険】損害保険ジャパン・SOMPOリスクマネジメント、洋上風力発電事業者向けにリスク評価と包括保険をセットで提供開始
【開発】中部電力・川崎汽船など、カナダのファンディ湾内で潮流発電事業を共同開発
【実証】九電みらいエナジー、長崎県五島市沖で大型潮流発電機の設置工事に着

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ