【参画】三菱商事、インドネシア・ジャカルタ郊外のTOD型都市開発に参画

2020.09.22 事業参画・売買レポート


 2020年9月14日、三菱商事株式会社(以下、「三菱商事」)はインドネシアの大手不動産デベロッパーSinar Mas Land社(以下、「SML社」)と共同で、100ha超の大規模都市開発案件(以下、「当該プロジェクト」)を推進することに合意したことを発表した。当該プロジェクトへはシンガポール政府系投資会社Temasek Holdingsの100%子会社であるSurbana Jurong社と合弁で設立したMitbana社を通じて参画する。

(関係図 出典:三菱商事株式会社)

 当該プロジェクトはSML社傘下のBumi Serpong Damai社(以下、「BSD社」)が1980年代から順次開発を進めてきたジャカルタ郊外のBSD Cityにおいて、100ha超の新規開発用地において公共交通志向型開発(TOD)(*)を行うものだ。住宅、商業施設、学校、病院、公園、交通結節点等の都市機能を組み合わせたスマートシティとなる計画。

(*)TOD:Transit Oriented Developmentの略。公共交通志向型開発。過度な車依存を脱し、公共交通を基軸にした持続可能な都市開発を目指すもの。ピーター・カルソープが提唱。

(プロジェクトイメージ 出典:三菱商事株式会社)

 三菱商事は当該プロジェクト参画に加えて、約6,000haに及ぶBSD City全体の価値向上を目指す考えで、2020年3月の基本合意書締結を経て、都市運営及びスマート/デジタルサービス(都市サービス)導入における協業検討を開始している。協業が実現すれば、AI/IoTデータプラットフォームや都市ポータル、モビリティ、エネルギー関連コンテンツ等の分野で新たに事業機会が生まれる見込みだ。

*アイキャッチ 出典:三菱商事株式会社

【情報ソース】
インドネシア/ジャカルタ郊外BSD地区での都市開発事業への参画について、2020年9月14日、三菱商事株式会社

【関連記事】
【買収】三菱商事と中部電力、蘭総合エネルギー企業Eneco社の買収完了
【売買】NEXCO西日本・JEXWAY・JOIN、インドネシア共和国の高速道路4路線の運営に参画/道路運営会社の株式10%を取得
【投資】三菱商事とSurbana Jurong社(シンガポール)、アジア新興国で都市開発とインフラ整備を一体で推進/折半出資で新会社設立、今後5年間で5億ドル出資

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ