• Home
  • PPP 動向
  • コンセッション
  • 【コンセッション】静岡県、富士山静岡空港のコンセッション方式導入に向けマーケットサウンディングを実施

【コンセッション】静岡県、富士山静岡空港のコンセッション方式導入に向けマーケットサウンディングを実施

2016.06.06 コンセッション


 平成28年5月19日、静岡県が富士山静岡空港の公共施設等運営権制度(以下、「コンセッション方式」)の導入に係るマーケットサウンディング(民間事業者意見の募集)を実施すると発表した。

富士山静岡空港

 静岡県ではこれまで富士山静岡空港のコンセッション方式での運営の実現に向けて検討を進めてきたが、より具体的な事業内容に落とし込むためマーケットサウンディング(民間事業者からの意見募集)を行う。それに伴い、静岡県は基本スキーム案を公表した。

 基本スキーム案によると、コンセッション方式導入の目的は「行政による空港「管理」から民間による空港「経営」へ転換し、民間による一体的かつ機動的な空港経営の実現」にある。その期待する効果として以下3点が掲げられている。

  1. 空港のさらなる活性化と県内経済発展への貢献
    ・民間のノウハウ、ネットワークによる空港運営にとどまらない幅広い事業展開
    ・空港と地域資源を生かした観光誘客や産業交流の促進
  2. 県民の利便性と利用者満足度の向上
    ・民間の創意工夫と臨機応変な営業活動による航空路線の充実
    ・利用者の要望に応じた迅速な改善対応による空港内サービスの向上
  3. 県民負担の軽減
    ・空港の経営に関する業務・収支の一元化による効率化と収益力向上に伴う県費投入の削減

 事業概要については、事業期間、事業方式、業務範囲等が具体的に示されている。
 
事業期間は当初20年でオプションで20年延長も可能だ。不可抗力等による延長などを含め最長で45年間が設定されている。
 事業方式については2つのパターンが想定されている。一つは優先交渉権者が富士山静岡空港株式会社の株式を取得し、同社をSPCとする案。もう一つの案は優先交渉権者が新たにSPCを設立し、富士山静岡空港株式会社の事業・人材を引き継ぐというものだ。また、事業方式と関連して県内企業、関係団体、県民等との連携方法の提案も求められている。
 業務範囲に関しては以下に一覧にした。

業務範囲                                             

空港運営等事業
(民活空港運営法第2条第6項第1号)
・空港基本施設等の維持管理・運営業務 (着陸料設定・収受、施設維持管理、空港運用等)
・旅客ビル施設維持管理・運営業務 (施設維持管理、施設貸与、サービス提供等)
・貨物ビル施設維持管理・運営業務 (施設維持管理、施設貸与、サービス提供等)
・航空機給油施設維持管理・運営業務 (使用料設定・収受、施設維持管理、燃料管理等)
・駐車場施設等維持管理・運営業務 (施設維持管理、交通誘導等)
・空港展望施設等維持管理・運営業務 (利用料設定・収受、施設維持管理、施設貸与、サービス提供等)
・浄化槽施設維持管理・運営業務 (利用料設定・収受、施設維持管理等)
・周辺関連施設維持管理・運営業務 (施設維持管理、施設貸与、サービス提供等)
・空港用地等管理業務 (空港用地・附帯工作物等維持管理、用地等貸付)
空港航空保安施設運営等事業
(民活空港運営法第2条第6項第2号)
・飛行場灯火施設等の維持管理・運営等
環境対策事業
(民活空港運営法第2条第6項第3号)
・航空機騒音測定施設の維持管理業務、航空機騒音測定施設による航空機騒音測定業務等
附帯事業
(民活空港運営法第2条第6項第4号)
・ハイジャック等防止対策に関する費用負担
・富士山静岡空港利用促進協議会等への加入
・運営権者が提案する事業・業務(空港の就航促進・利用促進、地域との共生)
任意事業・空港機能を阻害しない等の範囲で任意で行う事業(例:直営店舗等)
その他事業・空港アクセス道路景観形成地の維持管理

 以上の3点のほか、基本スキーム案では料金収受と費用負担の関係や事業の要求水準、リスク分担など事業に関わる主要項目について現段階での具体的な内容が公表されている。

 今回のマーケットサウンディングに関するスケジュールとしては6月16日(木)が「関心表明書」の提出期限となっており、6月30日(木)が意見提出期限となっている。運営権者公募に関する手続きは平成29年4月頃に実施方針の公表が予定されており、早ければ平成30年4月頃には富士山静岡空港コンセッション事業の優先交渉権者が選定される。

【情報ソース】
富士山静岡空港における公共施設等運営権制度導入に係るマーケットサウンディング(民間事業者意見の募集)の実施、平成28年5月19日、静岡県
富士山静岡空港における公共施設等運営権制度導入に係るマーケットサウンディング(民間事業者意見の募集)の実施、平成28年5月19日、富士山静岡空港

【関連記事】
【戦略】日本空港ビルデング、中期経営計画『To Be a World Best Airport 2020』を策定/国内・海外空港の運営権事業に積極的に参入
新千歳空港民営化に向けて協議を加速 年内に計画案
【コンセッション】オリックス・ヴァンシに関西国際空港コンセッションの優先交渉権
【コンセッション】仙台空港コンセッション、東急前田豊通グループと国が契約締結

, , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ