• Home
  • PPP 動向
  • PFI
  • 【民営化】福井市、公営都市ガス事業の譲渡仮契約を締結/関西電力・北陸電力・敦賀ガスが設立の事業承継会社「福井都市ガス株式会社」に譲渡

【民営化】福井市、公営都市ガス事業の譲渡仮契約を締結/関西電力・北陸電力・敦賀ガスが設立の事業承継会社「福井都市ガス株式会社」に譲渡

2018.12.24 PFI


 2018年12月20日、福井市は2020年04月01日に予定しているガス事業譲渡について、福井都市ガス株式会社(以下、「福井都市ガス」)と「福井市ガス事業譲渡に関する仮契約」を締結したことを発表した。2019年03月の市議会定例会でガス事業譲渡に関する議案が可決されるとそのまま本契約となる。

 福井市の公営ガス事業は明治45年に営業開始した。営業開始時の事業規模はガス導管延長が約19km、ガス需要家数が1,826戸というものだった。その後、105年に亘って事業を進める中で供給区域面積は31.5㎢に拡がり、ガス導管延長は約455km、ガス需要家数は23,620戸までに至っている。

(ガス工場 出典:福井市)

 しかし、近年のオール電化の普及や電力・ガスの小売り全面自由化、さらには技術承継・人材育成の問題もあり、都市ガス事業を公営で進めることには限界があると福井市は判断した。2017年04月に「福井市ガス事業のあり方検討委員会」を設置し、検討を進めた結果、早期に事業譲渡することが望ましいとの結論を得、2018年05月に事業譲渡先の公募を開始している。

 公募の審査には2段階の総合評価型プロポーザル方式が採用され、福井市ガス事業譲渡先選定委員会によって検討・審査が進められた。その結果、11月02日に最優秀提案者に関西電力株式会社(以下、「関西電力」)を代表企業とする応募グループが選定された。構成企業は関西電力、北陸電力株式会社、敦賀ガス株式会社。評価点は100点中84.7点、提案された譲受希望価格は67億円。

 福井都市ガスは12月06日に新設された福井市公営ガス事業を継承する事業会社だ。プロポーザルで最優秀提案者に選定されたグループによって設立された。今後は2019年04月から事業引継ぎを開始し、09月の事業譲渡譲受認可申請を経て、2020年04月01日に完全に事業譲渡(民営化)される予定だ。

*アイキャッチ 「福井市ガス事業譲渡に関する仮契約書」調印式の様子 福井市

【情報ソース】
福井都市ガス株式会社とガス事業譲渡に関する仮契約を締結しました。、2018年12月20日、福井市
新会社「福井都市ガス株式会社」の設立および福井市との公営ガス事業譲渡仮契約の締結について、2018年12月20日、関西電力株式会社(北離陸電力株式会社、敦賀ガス株式会社、福井都市ガス株式会社との共同リリース)

【関連情報】
【コンセッション】大津市、大津市ガス事業の優先交渉権者に大阪ガス・JFEエンジニアリング・水道機工のグループを選定/業務の引継ぎ方や料金値下げ案などが高評価
【売買】三菱商事、モーレイイースト洋上風力発電所の事業持分の一部を関西電力・三菱UFJリースへ売却/JBICなど協調融資団が約1,517百万ポンドをPF融資
【開発】Jパワーと関西電力、英国のトライトン・ノール洋上風力発電事業に参画/MHI Vestas社製の大型風車90基使用、発電容量約86万kW

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ