• Home
  • PPP 動向
  • PFI
  • 【PFI】多摩信用金庫、多摩地域19の自治体とともにPPP/PFI地域プラットフォームを形成/内閣府の支援事業にも選定

【PFI】多摩信用金庫、多摩地域19の自治体とともにPPP/PFI地域プラットフォームを形成/内閣府の支援事業にも選定

2018.05.13 PFI


 2018年05月10日、多摩信用金庫は多摩地域19の自治体とともに応募していた内閣府の「平成30年度 PPP/PFIに関する地域プラットフォーム形成支援事業」の支援対象に選定されたことを発表した。当該事業において、信用金庫が中心となった地域プラットフォーム形成支援は全国初。

 当該事業は、地域におけるPPP/PFI案件の案件形成能力の向上を図るため、行政・金融機関・企業等の関係者が集まり、ノウハウの習得や情報交換を行う場(地域プラットフォーム)の形成や運営について内閣府が支援を行うもの。内閣府委託のコンサルタント等を複数回派遣し、プラットフォームの計画・設置段階から支援終了後の進め方の検討までサポートする。支援対象の募集は平成30年3月2日から3月22日まで行われていた。

 多摩信用金庫は多摩地域を対象に広域的なプラットフォーム形成を目指す。市町村間でのノウハウの格差を解消すべく、情報やノウハウの共有を実施するほか、対象地域でのPPP/PFI事業化推進に向けて体制構築を進める。信用金庫の有する企業ネットワーク等を活用して、地元企業のPPP事業への参画やPPP事業の包括化・広域化などに繋げられるか期待が高まっている。

 応募段階での参加自治体は多摩地域の19自治体であったが、今後も多数の自治体の参加を見込んでいる。

【情報ソース】
内閣府「平成30年度 PPP/PFIに関する地域プラットフォーム形成支援事業」の支援対象に決定しました(*PDFファイルが開きます、156KB)、2018年05月10日、多摩信用金庫

【関連記事】
【PPP】東京センチュリーと月島機械、埼玉県で消化ガス発電事業が始動/民設民営方式による創エネルギー
【政策】国土交通省、平成30年度のPPP協定パートナーを45者選定/協定パートナーによるセミナーやコンサルティングを今後実施予定
【戦略】山形銀行、「ストラクチャードファイナンス推進室」を立ち上げ/再エネやPFI事業向けファイナンスの推進体制を強化

【おススメ!】
【レポート】カナダにおけるPPPマーケットの概況について

, , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)

月別アーカイブ