• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『 公共調達における事業手法の選択基準:VFM 』(土木学会)

【書籍案内】『 公共調達における事業手法の選択基準:VFM 』(土木学会)

2021.04.24 書籍案内



書籍名 : 公共調達における事業手法の選択基準:VFM
著者名 : 建設マネジメント委員会、インフラPFI/PPP研究小委員会(編集)

発行所 : 土木学会
版 型 : A5判並製

ページ : 157ページ
価格(税別) : 1,300円
発行年月 : 2021年02月    ISBNコード : 978-4-8106-1000-0

〇内容紹介

-公共調達の選択基準:VFMはいかに生まれ、最大化できるか、をわかりやすく解説-

PFI /PPPをはじめとする公共調達における事業手法の選択基準であるVFM(バリューフォーマネー:Value for Money)に本格的に踏み込んだ最初の図書。対象は公共施設全般ながらインフラ事業に重点。VFMの源泉からそれを最大化させるためのマネジメント手法までを具体的にわかりやすく解説。国および地方公共団体職員等の発注者、民間事業者等の受注者そして金融機関の関係者をはじめ、これからPFI/PPPを学ぼうとする研究者、学生にとって必携の図書。

〇主要目次

まえがき
本書における PFI,PPP 等の用語について

第Ⅰ部

1. PFI/PPP 概論
1.1 PPP,PFI と本書の対象
1.2 VFM と本書の目的
1.3 PFI の分類
1.4 国際的に見た PPP/PFI 導入の経緯と現状
1.5 PFI/PPP のわが国での実績
1.6 公共施設等に関わる課題と PPP/PFI 関連施策
1.7 VFM ドライバー

2. VFM の従来の考え方と計測方法
2.1 内閣府 VFM ガイドライン等に基づく VFM 評価
2.2 多様な事業類型における VFM の評価と算定
2.3 事業事例における VFM 評価と算定における課題
2.4 英国における VFM の考え方の一例

3. VFM を高める価値ドライバー
3.1 VFM に関わる議論の整理
3.2 VFM の源泉に対する評価
3.3 VFM の阻害要因と価値向上の条件
3.4 VFM マネジメントによる価値創出

4. VFM マネジメントの考え方と方法
4.1 VFM マネジメントの概念
4.2 VFM マネジメントのプロセス
4.3 各段階における VFM マネジメントの具体的実施事例
4.4 リスクマネジメントサイクルによる VFM マネジメント
4.5 VFM マネジメントのための体制

第Ⅱ部

5. VFM マネジメントマニュアル
5.1 はじめに
5.2 VFM の定量評価の手法・手順
5.3 事業プロセスの中での VFM マネジメント
5.4 リスクの定量評価
5.5 リスクワークショップ

第Ⅲ部

補.1 PPP/PFI の諸論点に関する学問的背景
補.2 確率分布が得られたときのリスク定量化手法

あとがき

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 公共調達における事業手法の選択基準:VFM 』- (土木学会)

, , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ