• Home
  • トピック
  • 【戦略】ANAとエアロネクスト、物流ドローンを共同開発へ/「空の産業革命 レベル4」解禁に向けて着々

【戦略】ANAとエアロネクスト、物流ドローンを共同開発へ/「空の産業革命 レベル4」解禁に向けて着々

2020.05.20 トピック


 2020年5月20日、ANAホールディングス株式会社(以下、「ANAHD」)と株式会社エアロネクスト(以下、「エアロネクスト」)は「空の産業革命 レベル4(有人地帯での補助者なし目視外飛行)」に対応する物流ドローンの共同開発に向けた業務提携をスタートさせることを発表した。

(物流ドローン”Next DELIVERY®”の試作機 出典:ANAホールディングス株式会社)

 目指すのは「空の産業革命に向けたロードマップ2019」で示された2022年度「空の産業革命レベル4」(陸上輸送が困難な地域における生活物資や医薬品の配送や都市を含む地域における荷物配送)に対応する物流ドローンだ。

 ANAHDは「エアラインやドローンオペレーターとしての機体運航に関する知見」、エアロネクストは「機体構造設計技術4D GRAVITY®(*)」技術を提供し、共同開発を進める。2020年度内には共同開発した物流ドローンによる実証実験を開始させ、2022年度の「空の産業革命 レベル4」解禁に向けて量産化を進めたい考えだ。

(*)プレス記事より引用
機体重心を最適化することで、飛行中の姿勢、状態、動作によらずモーターの回転数を均一化して、安定性・効率性・機動性といった産業用ドローンの基本性能を向上させる構造設計技術。この技術は、機体の分離結合構造とペイロードの接続の仕方に特徴を有しており、エアロネクストは、この技術を特許化して4D GRAVITY®特許ポートフォリオとして管理している。4D GRAVITY®による基本性能の向上により、産業用ドローンの新たな市場、用途での利活用の可能性も広がる。

  ANAHDはこれまで福岡市や五島市にて「無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3)」による実証実験を行い、ドローンオペレーターとしての知見を蓄積している。一方、エアロネクストは4D GRAVITY®を搭載した物流用ドローン機体「Next DELIVERY®」の開発を進めている。当該機体は飛行部と荷物搭載部分を分離した分離結合型の機体構造となっていることに加えて、重心位置を考慮した機体構造設計が施されており、飛行姿勢に伴って荷物も傾いてしまうという従来の物流ドローンが抱えていた課題を解決している。

*アイキャッチ 出典:ANAホールディングス株式会社

【情報ソース】
物流ドローンの共同開発に向け業務提携、2020年5月20日、ANAホールディングス株式会社(株式会社エアロネクストとの共同リリース)

【関連記事】
【インフラマネジメント】東京電力パワーグリッドや大阪ガスなど、ジャパン・インフラ・ウェイマークと資本業務提携/ドローンの航路構築やインフラ点検の高度化目指す
【インフラマネジメント】JR九州とA.L.I.Technologies、ドローン・AIを用いた鉄道施設点検ソリューションを共同開発
【ソーシャルボンド】ANA、ソーシャルボンド50億円発行/車いす利用者の優先エリア設定や改札機幅の拡大等に資金充当

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ