【売買】三井物産、台湾洋上風力発電事業の権益2割を取得/合計出力約1GWの洋上風力発電所の完成目指す

2018.08.06 事業参画・売買レポート


 2018年08月03日、三井物産株式会社(以下、「三井物産」)は台湾で洋上風力発電所の開発を進めるYushan Energy Taiwan社の株式50%をEnterprize Energyグループ傘下のYushan Energy社(シンガポール)から取得したことを発表した。

 Yushan Energy Taiwan社はカナダのNorthland Power社とともに、台湾海峡の彰化沖合30~50kmの海域で海龍洋上風力発電所の開発を進めている。これまではYushan Energy Taiwan社が権益40%、Nrthland Power社が60%を保有していたが、三井物産の出資参画によりYushan Energy社が20%、三井物産も20%と、権益を折半する形となった。

 今後は出力合計1044MWの洋上風力発電所の完成を目指して、3社共同で開発・建設・運転を実施する予定だ。2021年以降に予定されている最終投資判断を経て、2025年までに商業運転を開始する計画。発電した電力は全量を20年間に亘り台湾電力公司に固定価格で売電される。

 台湾では2025年までに原子力発電所の運転を全て停止し、それまで原子力発電で発電していた電力を代替するために、再生可能エネルギーの普及を推進する方針である。2025年までに再生可能エネルギーによる発電量の比率を20%まで引き上げる計画を持っており、目標達成に向けて民間企業の再エネ発電事業への参加を促している。

 三井物産の2018年03月末時点での発電事業における持分発電容量は9.3GWに至っている。そのうち再エネ発電事業が占める割合は16%。世界の洋上風力発電容量は2025年までに現在の約3倍に増加すると見ており、今後も台湾以外の地域への事業展開も進める方針だ。

*アイキャッチ 調印式の様子 出典:三井物産株式会社

【情報ソース】
台湾で洋上風力発電事業開発を行うYushan Energy Taiwan社への出資、2018年08月03日、三井物産株式会社

【関連記事】
【プロジェクトファイナンス】三井物産、チリ共和国の海水淡水化・揚水事業で約5億米ドル調達/金融機関11社(うち日系5社)で組成
【開発】三井物産、ヨルダンでメガソーラー(IPP)案件を受注/合計3案件700MWの発電を担う、同国総発電容量の18%
【プロジェクトファイナンス】みずほ銀行など、三井物産がモザンビーク・マラウイ両国で進める鉄道・港湾インフラ事業に融資/総額27.3億米ドル、NEXIが保険付保

, , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ