【売買】丸紅、英国ウェスタモスト・ラフ洋上風力発電事業をGIGに譲渡/風車35基、発電容量210MW

2018.03.29 事業参画・売買レポート


 2018年03月27日、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)は英国のウェスタモスト・ラフ洋上風力発電事業の持分株式(25%)をGreen Investment Group(以下、「GIG」)へ譲渡したことを発表した。譲渡日は2018年03月26日。

Westermost Rough Offshore Wind Farm

 

 譲渡対象となった事業は英国の東部ヨークシャー州沖合約8kmの海上で実施されている洋上風力発電事業である。Siemens Gamesa Renewable Energy社(2016年にSiemens Wind社とGamesa社が合併)製の6MWダイレクトドライブ式の風車が35基建設され、発電容量は210MWを誇る。2015年06月には商業運転が開始されており、事業期間は25年だ。

 GIGはMacquarie European Infrastructure Fund 5(以下、「MEIF5」)とUniversities Superannuation Scheme(以下、「USS」)とコンソーシアムを組成しており、すでにウェスタモスト・ラフ洋上風力発電事業の持分株式25%保有していた。そのため、今回の譲渡後ではGIG、MEIF5、USSの3者で50%保有していることとなる。残りの50%は、デンマークの大手総合エネルギー会社Ørsted社(以下、「エルステッド社」)が保有している。

 GIGは本部をロンドンに置き、グリーンインフラストラクチャー分野への投資や案件組成、ポートフォリオ管理などを実施する機関である。2012年に英国政府がGreen Investment Bank として創設した機関であるが、その後2017年に豪州最大の投資銀行であるマッコーリーグループに買収されている。

 USSは英国大学退職年金基金である。本拠地をリバプールに置いており、英国の大学や高等教育機関の職員向け退職年金制度を管理・運営している。気候変動対策への関心は高く、ESG投資の観点からグリーンインフラなどへの投資も行っている。

(Westermost Rough offshore wind farm inauguration 出典:youtube)

【情報ソース】
英国ウェスタモスト・ラフ210MW洋上風力発電事業の持分株式譲渡の件(*PDFファイルが開きます、156KB)、2018年03月27日、丸紅株式会社(Green Investment Group Limitedとの共同リリース)
Green Investment Group and Marubeni complete transfer of interest in Westermost Rough offshore wind farm、2018年03月27日、Green Investment Group

【関連記事】
【戦略】丸紅とJERA、豪州でLNG受入基地建設&ガス販売事業の事業性調査/FSRUやガスパイプラインを新設し、エネルギー調達の多様化を探る
【売買】三菱商事、英国スコットランドで新たな洋上風力発電事業に参画/発電容量は約95万kW、2022年に運転開始
【融資】北都銀行とDBJ、秋田県男鹿市の風力発電事業に共同でプロジェクトファイナンス組成/風車7基、出力20MW

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ