平成28年9月16日、愛知県は愛知県警察運転免許試験場の整備をPFIを導入して進める方針を固め、実施方針や要求水準書等を公表した。

〒468-0020 愛知県名古屋市天白区平針南3丁目605 番地

 事業名称は『愛知県警察運転免許試験場整備事業』。当該事業では、現在老朽化の進む「運転免許試験場」と「運転者講習センター」の2つの建物を解体・撤去し、1つの庁舎として建て替える。敷地内に分かれて存在していた駐車スペースは平面駐車場と自走式の立体駐車場を整備することで集約させるほか、技能試験コースも敷地を効率的に利用したものに一新する。施設がコンパクトに計画されたことにより、事業実施後は敷地全体の20.8%に相当する約20,700m2の余剰地を確保できる形だ。

01(施設俯瞰図(イメージ) 出典:愛知県)

 事業方式はBTO方式で計画されている。事業者は施設の設計・建設(解体を含む)を行い、所有権を愛知県へ移転させた後、維持管理業務や付帯事業を実施する。事業期間は設計・建設期間が2.5年間(平成29年10月~平成33年2月)、維持管理期間が15年間(平成32年4月~平成47年3月)で予定されている。
 現施設の運用を停止せずに利用しながらの施設整備となるため、設計・建設期間は2.5年と言えども、施設ごとに引き渡し時期は異なっている。
(四輪技能試験コース:平成30年12月末、二輪技能試験コース・二輪発着場・二輪車庫:平成31年2月末、庁舎・四輪車庫:平成32年1月末、平面駐車場:平成32年10月末、立体駐車場・四輪発着場・外構:平成33年2月末)

 事業対価として考えられているのはサービス購入料のみ。設計・建設に係るサービス購入料は施設が完成し、県に引き渡される際に一括で支払われ、維持管理に係るサービス購入料は毎年度ごとに支払われる予定である。

 民間事業者の参入促進のため、下記の日程で実施方針の説明会や現地見学会が開催される。

〇説明会

開催日時:平成28年9月26日(月)17時30分から(受付開始:17時から)
開催場所:愛知県警察運転免許試験場

〇第1回現地見学会

開催日時:平成28年9月26日(月)実施方針等に関する説明会終了後
開催場所:愛知県警察運転免許試験場

【情報ソース】
愛知県におけるPFIについて、愛知県
愛知県警察運転免許試験場整備等事業について、平成28年9月16日、愛知県警察

【関連記事】
【コンセッション】神戸市、神戸空港の運営をコンセッション方式で民間委託/運営実施方針を策定・公表/関空・伊丹空港との一体運営を求む
【PFI】新潟県、新潟県立武道館(仮称)をBTO方式で整備・運営/入札説明書等を公表し、事業者募る
【コンセッション】横浜市、2020年4月よりMICE施設をコンセッション方式で運営/『みなとみらい21中央地区20街区MICE施設運営事業』で提案募集要項等を公表