• Home
  • PPP 動向
  • PFI
  • 【政策】国交省、平成28年度『先導的官民連携支援事業』の第2次募集で4事業を選定

【政策】国交省、平成28年度『先導的官民連携支援事業』の第2次募集で4事業を選定

2016.08.23 PFI


 平成28年8月5日、国土交通省は『平成28年度先導的官民連携支援事業』の第2次募集で4件の事業を決定したと発表した。

 この事業は官民連携事業の導入や実施に向けた検討に要する調査委託費を国が地方公共団体等へ助成するものである。第1次募集の採択事業は5月27日に発表され、その後6月3日に第2次募集の実施が発表されていた。

 案件募集は平成28年6月3日から6月24日まで実施され、22件の応募があった。今回採択された案件は4件(下記表)で、すべて事業手法検討支援型に類型されるものだ。外部有識者から構成される官民連携事業推進検討委員会の意見を踏まえて選定されている。

平成28年度 先導的官民連携支援事業 補助対象案件(第2次募集)                   

応募者事業名交付予定額(千円)
01北海道女満別空港の運営委託事業に係る導入検討調査20,000
02秋田県中小空港における新たな民活運営方式の仕組みづくり 13,220
03朝来市(兵庫県)文化財等の公的不動産を基幹施設としたエリア開発手法検討調査13,200
04須崎市(高知県)須崎市公共下水道等運営事業に係る事業手法検討調査及び事業化支援業務13,220

【情報ソース】
平成28年度先導的官民連携支援事業の採択案件(第2次)の決定について、平成28年8月5日、国土交通省

【関連記事】
【政策】国交省、平成28年度の『震災復興官民連携支援事業』を3事業選定
【政策】国交省、「平成28年度PPP/PFI推進のための案件募集」の第2次募集を実施
【政策】国交省、平成28年度の『先導的官民連携支援事業』を20事業選定/PPPの案件形成を推進、第2次募集も

, , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ