• Home
  • インフラ融資
  • 【プロジェクトファイナンス】東邦銀行、再エネ事業向けプロジェクトファイナンスの組成実績を公表/4年間で総額525億円を単独アレンジ

【プロジェクトファイナンス】東邦銀行、再エネ事業向けプロジェクトファイナンスの組成実績を公表/4年間で総額525億円を単独アレンジ

2017.11.01 インフラ融資


 2017年10月27日、株式会社東邦銀行(以下、「東邦銀行」)は2017年9月末日時点での再生可能エネルギー事業向けのシンジゲートローン(協調融資)及びプロジェクトファイナンスの組成実績を公表した。

 東邦銀行による再生可能エネルギー事業向けプロジェクトファイナンスの組成は2014年度から始まった。2017年9月時点まででシンジゲートローンの組成案件数は累計18件、そのうちプロジェクトファイナンスのものは10件となった。金額でみると、シンジゲートローンでの組成金額は883億円、そのうちプロジェクトファイナンスによるものは525億円。福島県内における再生可能エネルギー事業向けのプロジェクトファイナンスが多くを占め、その大半を福島県内の金融機関のみでシンジゲート団を組成しているようだ。

2014年度2015年度2016年度2017年9月累計
シンジゲートローン組成件数(単位:件)448218
  そのうちプロジェクトファイナンスの組成件数125210
シンジゲートローン組成金額(単位:億円)90188437166883
  そのうちプロジェクトファイナンスの組成金額3955265166525

 福島県では「福島県再生可能エネルギー推進ビジョン」を策定し、2040年頃を目途に、福島県内のエネルギー需要100%以上に相当する量のエネルギーを再生可能エネルギーで生み出すことを目標としている。
 そのため東邦銀行は地元金融機関として、再生可能エネルギーを重点取組み分野に位置付け、これまで事業化支援や資金調達支援に取り組んできた。今後も、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、小水力発電を中心とした再生可能エネルギー向けの資金需要に積極的に対応していく方針だ。

(再生可能エネルギー導入量と一次エネルギー供給量(推計) 出典:福島県再生可能エネルギー推進ビジョン(改訂版))

*アイキャッチ Photo by Ryan Searle on Unsplash

【情報ソース】
再生可能エネルギー向けプロジェクトファイナンスの組成実績について、2017年10月27日、株式会社東邦銀行

【関連記事】
【プロジェクトファイナンス】みずほ銀行、風力発電ファンドにリファイナンス資金として約240億円を融資/地銀等9つの金融機関が参加
【プロジェクトファイナンス】東邦銀行、福島県の太陽光発電事業向けに約50億円のシンジゲートローン組成
【融資】東邦銀行、福島県の太陽光発電事業向けに約76億円のプロジェクトファイナンスを組成/福島県内の金融機関のみで協調融資

【おススメ!】
【レポート】(全4回)なぜ交通インフラ事業にプロジェクトファイナンスは難しいのかー第1回

, , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ