• Home
  • PPP 動向
  • PFI
  • 【PFI】クボタ等、青森県弘前市の浄水場・ポンプ場をDBO方式で更新・運転管理

【PFI】クボタ等、青森県弘前市の浄水場・ポンプ場をDBO方式で更新・運転管理

2020.06.07 PFI


 2020年6月5日、株式会社クボタ(以下、「クボタ」)は同社とクボタ環境サービス株式会社(以下、「クボタ環境サービス」)を含んだ企業グループが青森県弘前市との間で、「樋の口浄水場等建設事業」(以下、「当該事業」)に関する契約を締結したことを発表した。

 当該事業は青森県弘前市にある「樋の口浄水場」、「常盤坂増圧ポンプ場」及び「岩木川取水ポンプ場」の更新に係る設計・建設を行い、当該施設に取水施設等の場外施設87カ所(*1)を加えた弘前市内の水道施設の運転管理を行うものだ。事業は施設の設計・建設・運転管理を一括発注するDBO方式で行われ、事業期間は2020年4月1日~2041年3月31日まで(*2)

(*)場外施設は取水施設20箇所、導水施設1箇所、浄水施設11箇所、送水施設3箇所、配水施設 40箇所、減圧弁3箇所、監視装置7箇所、取水付帯施設2箇所がある。

(*2)
【設計・建設期間】2020年4月1日~2026年3月31日
【運転管理期間】2026年4月1日~2041年3月31日

(新「樋の口浄水場」完成予想図 出典:株式会社クボタ)

(新「常盤坂増圧ポンプ場」完成予想図 出典:株式会社クボタ)

 事業者は公募型プロポーザル及び学識経験者等で構成する樋の口浄水場等建設事業者選定委員会における審査を経て、クボタ東北支社が代表企業を務めるグループ(*3)に選定されている。審査ではマシンレス化による継続的なコスト削減案やBIM/CIM等の先進技術を積極的に活用した事業計画が評価された。契約金額は159億6,980万円(設計・建設:117億7,000万円、運転管理:41億9,980万円、税込価格)。

(*3)
構成企業は東芝インフラシステムズ株式会社東北支社、佐藤工業株式会社東北支社、株式会社弘新建設、弘南建設株式会社、クボタ環境サービス、株式会社NJS青森出張所、株式会社東京設計事務所青森事務所。

*アイキャッチ 出典:株式会社クボタ

【情報ソース】
DBO方式による浄水場等建設事業に参画~弘前市発注「樋の口浄水場等建設事業」に関する契約を締結~、2020年6月5日、株式会社クボタ

【関連記事】
【PFI】クボタ等、岡山県備前市の浄水場・ポンプ場の更新整備事業/更新整備と備前市内の全水道施設等の運転管理実施へ
【開発】クボタ工建など、カンボジア王国で上水道拡張事業(設計・施工~運営・維持管理)を受注/ODA「事業・運営権対応型無償資金協力」を活用
【参入】神鋼環境ソリューション、カンボジア王国で日本企業初の水道事業実施へ/20年間の独占水道事業権を取得、住民2万人や商業施設へ上水供給

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ