• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『 都市公園のトリセツ 』(学芸出版社)

【書籍案内】『 都市公園のトリセツ 』(学芸出版社)

2020.05.23 書籍案内


書籍名 : 都市公園のトリセツ 使いこなすための法律の読み方
著者名 : 平塚 勇司(著)

発行所 : 学芸出版
版 型 : A5版

ページ : 220ページ
価格(税別) : 2,500円
発行年月 : 2020年07月10日    ISBNコード : 978-4-7615-2741-9

〇内容紹介 

公園管理者・民間事業者必携!
都市公園とは? 公園施設とは? 公民連携制度Park-PFIとは?
様々な疑問に専門家がQ&Aの対話形式で解説します。

都市公園がパブリックスペースとしてのパフォーマンスを最大限に発揮するには、整備・管理する行政、行政と連携し公園運営等の一翼を担う指定管理者や民間事業者や市民団体、そして利用する市民の三者全てがWin-Win-Winな状態にあることが必要です。

本書では、各主体がそれぞれの立場で都市公園に関わる際に直面する主な課題や疑問に思うこと等を問とし、それに答える形で、関係する法令の規定や都市公園の現状、制度の変遷等を対話形式で解説。

逐条解説ではなく、都市公園の管理、活用の実際の場面で役立つ法令解釈や考え方まで分かりやすく提示した、都市公園を使いこなしてゆくための取扱説明書です。

〇主な目次

第1章 都市公園というパブリックスペースの基礎知識
第1話 「都市公園」とは?
ーコラム 法律における「条」「項」「号」について
第2話 都市公園はどのくらいある?
ーコラム 公園緑地行政の今後の方向性
第3話 都市公園にはどのような種類がある? コラム 法律? 政令? 省令?
第4話 都市公園は何の役に立っている? コラム 都市公園の多様な機能
第5話 都市公園という制度はなぜできた? コラム 都市公園の歴史を学ぶことができる本

第2章 民間事業者等による整備・管理運営に関係する法令の規定
第6話 都市公園に設置できる施設は?
ー コラム 都市公園で民間事業者が設置・管理している飲食店の事例
第7話 都市公園に施設を設置するにはどのような許可がいる?
ーコラム 都市公園という公物の特殊性
第8話 都市公園に設置できる建物の面積はどのくらい?
ー コラム 「建蔽率」の話

第3章 行政が都市公園を使いこなす上での課題とその対応方策
第9話 これは公園施設に該当しますか?
ー コラム 公園管理者が手元に置いておくべき本
第10話 都市公園は廃止できる?
ー コラム 「運用指針」とは
第11話 小規模公園はなぜ多い?
ーコラム 小規模公園に関するデータ
第12話 小規模公園をうまく使いこなすには?
第13話 公園をマネジメントするためには?
ー コラム マネジメントプランの事例

第4章 公民連携で都市公園を活用してゆくための手法
第14話 まちに役立つ都市公園になるためには?
ー コラム 保育所と都市公園 Win-Winな関係に向けて
第15話 都市公園の新たな公民連携手法「Park-PFI」とは?
ーコラム Park-PFIの事例
第16話 Park-PFI以外の公民連携手法にはどのようなものがある?

第5章 市民が都市公園を利用するときの疑問と関係する法令の規定
第17話 都市公園の禁止事項はどのように決まっている?
ー コラム パブリックスペースのルール
第18話 都市公園でやりたいことをやるためには?

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 都市公園のトリセツ 使いこなすための法律の読み方 』- (学芸出版社)

, , , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ