セミナーのご紹介:『 第4222回 海外プロジェクトファイナンス実務【応用編】 』の開催 (2020年07月02日)

2020.02.23 ナレッジパートナーの講演・イベント情報

ナレッジパートナー:井上 義明


金融ファクシミリ新聞社セミナー
『 第4222
回 海外プロジェクトファイナンス実務【応用編】
  -CF分析、CFコントロール手法、輸出信用機関(ECA)、交通インフラ
』の開催

日程 : 2020年07月02日 (木) 13:30~16:30
会場 : 金融ファクシミリ新聞社セミナールーム(東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階)
主催 :(株)FNコミュニケーションズ
講師 : 井上 義明 氏 (プロジェクトファイナンス研究所 代表)

講演趣旨

 日本企業が海外でプロジェクトファイナンスを利用することが増えてきました。また、日本の金融機関も海外融資に力を入れています。一方、海外のプロジェクトファイナンス案件は検討すべき点が多岐にわたり、ノウハウの習得には時間がかかります。

 そこで、今回のセミナーでは、プロジェクトファイナンスにおけるキャッシュフロー分析、キャッシュフロー・コントロール手法、輸出信用機関(ECA)、交通インフラ事業などプロジェクトファイナンスの重要テーマを、案件組成の観点およびリスク管理の観点の両面を織り込みつつ、具体的な実例を多数交えて採り上げます。プロジェクトファイナンスへの理解をより一層深め、実務能力を強化できる機会となります。これからプロジェクトファイナンス業務を担う方、同業務の知見をもっと深めたい方、これまでの知識・経験を整理したい方などに最適です。

 講師は邦銀、政府系金融機関、外銀等で各国のプロジェクトファイナンス案件を多数手掛け、『実践プロジェクトファイナンス』及び『LNGプロジェクトファイナンス』の著者でもあります。実務と理論の両面から歯切れよく分かりやすい説明に定評があります。

講演項目

1.キャッシュフロー分析
 (目的、DSCR、IRR/NPV、Sensitivity分析、Breakeven分析、限界点)
2.キャッシュフロー・コントロール手法
  (Cash Deficiency Support、Clawback、Deferral、Cash Sweep等)
3. 輸出信用機関(ECA)とプロジェクトファイナンス
 (輸出金融、OECDガイドライン、日本のECA、実例、ECAとの協働他)
4.交通インフラ事業の難しさ
 (外部経済、需要リスク、土木工事、新興国の為替問題他)
5.質疑応答

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 第4222回 海外プロジェクトファイナンスの実務【応用編】 - CF分析、CFコントロール手法、輸出信用機関(ECA)、交通インフラ - 』のご案内

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ