• Home
  • トピック
  • 【戦略】NTTスマイルエナジー&エネット、「卒FIT世帯」から太陽光発電の余剰電力買取り/RE100加盟企業などへグリーンメニューを提供

【戦略】NTTスマイルエナジー&エネット、「卒FIT世帯」から太陽光発電の余剰電力買取り/RE100加盟企業などへグリーンメニューを提供

2018.10.31 トピック


 2018年10月25日、株式会社NTTスマイルエナジー(以下、「NTTスマイルエナジー」)と株式会社エネット(以下、「エネット」)は固定価格買取制度(FIT制度)の調達期間が終了する太陽光発電設備を対象に、余剰電力の買取りを実施することを発表した。

 再生可能エネルギー由来の電力を求めるニーズが高まってることを背景に、固定価格取引制度の調達期間が終了する設備を「卒FIT世帯」と呼び、それら卒FIT世帯から余剰電力の買取りを進め、新電力として販売する。

 具体的にはNTTスマイルエナジーがアグリゲーターとなって太陽光発電の余剰電力を集約し、エネットへまとめて供給する。その後、エネットが「CO2ゼロ電力」や「低CO2排出電力」などのグリーンメニューとして環境負荷の低い電気を需要家に供給・販売することを計画している。販売対象にはRE100に加盟する企業やSBTiやESG(Environment Social Governance)経営を推進する企業を想定している。

(出典:株式会社NTTスマイルエナジー)

 卒FIT世帯向けの制度の詳細についてはまだ未定の状態で、現段階では受付開始時期や買取り料金、申込方法などについては明らかにされていない。

*アイキャッチ 出典:株式会社NTTスマイルエナジー

【情報ソース】
卒FIT世帯を対象とした余剰電力買取りについて、2018年10月25日、株式会社NTTスマイルエナジー(株式会社エネットとの共同リリース)

【関連記事】
【グリーンファイナンス】三井住友信託銀行、再エネ発電のプロジェクトファイナンス債権を裏付とした自己信託受益権を販売/プロジェクトファイナンス債権の流動性向上に一石
【組成】大和証券グループとGIキャピタル・マネジメント、『ダイワGIグリーンファンド』を設立/国内の太陽光発電所グリーンフィールド案件へ投資
【ファンド組成】三井住友信託銀行、機関投資家向け再エネファンドを組成/国内の稼働済み太陽光発電施設へ投資

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ