• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『 地域公共交通政策論 』(東京大学出版会)

【書籍案内】『 地域公共交通政策論 』(東京大学出版会)

2021.04.17 書籍案内



書籍名 : 地域公共交通政策論
著者名 : 宿利 正史、長谷 知治(編)

発行所 : 東京大学出版会
版 型 : A4

ページ : 260ページ
価格(税別) : 3,600円
発行年月 : 2021年04月16日    ISBNコード : 978-4-13-042152-2

〇内容紹介

日本地域公共交通は高齢化・人口減少する地域の住民の足・地域間交流の基盤であり、インバウンドを含む観光にも不可欠である。赤字鉄道路線・デマンドバスから自動運転・MaaSまで、転換期を迎えている地域公共交通の課題とこれからの方向性を示すテキスト。

〇主要目次

はじめに(宿利正史)

第I部 総論

第1章 地域交通政策を巡る状況(城福健陽)
  1.1 地域交通を巡る現状
  1.2 国の取り組み
  1.3 新たな取り組み
  1.4 今後の地域交通政策の方向性

第2章 公共交通の再生からデザインする「地域づくり」(吉田 樹)
  2.1 地方圏が抱えるモビリティの諸問題
  2.2 地域公共交通政策の視点
  2.3 MaaS構築への期待と地域公共交通 第II部 交通政策各論

第3章 地域の持続的発展と交通(小嶋光信・村尾俊道・清水一郎)
  3.1 サステナブルな地域公共交通──各地における実証と解決法
  3.2 総合的な交通政策の実践──海の京都の観光まちづくり
  3.3 路面電車と松山の観光・まちづくり

第4章 地域の自動車交通(松本 順・谷島 賢・小林和幸・松尾一秋・樽本勝弘・小畠博文)
  4.1 公共交通としてのバスの存在意義とイノベーションの波
  4.2 見える化と地域おこしによる交通まちづくり
  4.3 タクシー車両を活用したデマンド交通
  4.4 ふる里の暮らしを支える公共交通
  4.5 過疎地域とバスによる文化づくり
  補論 井笠鉄道の経営破綻と交通行政

第5章 地域の鉄道(伊東尋志・谷口博司・小山俊幸・岸谷克己・菊池憲満)
  5.1 地域社会における鉄道の役割
  5.2 LRTの導入とコンパクトシティ
  5.3 地域の交通を持続的に維持するために
  5.4 東日本大震災からの鉄道の復旧
  補論 大規模災害時の地域交通行政

第6章 離島航路の再編と観光振興(有馬眞二郎・薄墨徳光)
  6.1 甑島航路の現状と問題点
  6.2 甑島航路の再編
  6.3 観光振興の取り組み
  6.4 まとめ

第7章 リージョナル航空と地方創生(鈴木与平)
  7.1 横糸の航空ネットワークを目指して
  7.2 リージョナル航空とは
  7.3 地方空港
  7.4 フジドリームエアラインズ(FDA)
  7.5 地方都間交流における役割
  7.6 リージョナル航空とコロナウイルス(COVID-19)について

おわりに(長谷知治)

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 地域公共交通政策論 』- (東京大学出版会)

, , , , , , , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ