日本計画研究所(JPI)
 
『 奈良県
   県域水道一体化、上水道事業経営統合の進捗、課題への対応と施設整備(更新、耐震化等)について
 』の開催

日程 : 2019年05月16日 (木) 09:30~11:30
会場 : 東京都/JPIカンファレンススクエアⅡ(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)→ 案内
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 :  未定(奈良県水道局担当者責任者を予定 )

〇概要

 奈良県は市町村合併が進まず、水道事業も給水人口5万人未満の弱小な事業が過半数を占める状態にある。人口減少が進む中、施設更新等今後の投資増大を考えると、経営の悪化は避けられない。そこで、施設整備(更新、耐震化等)を効率的に行い、少ない技術者を有効に活用できるよう、平成29年10月に県から県域水道一体化(県営水道(用供)と県内上水道事業の経営統合)を市町村に提案した。

 平成30年4月に検討会を立ち上げ、施設の共同化を中心に検討を進めている。今回の講演では、検討に係る市町村との調整状況や今後の見通し等について報告する。

〇講義項目

1.奈良県の水道(県域水道)事業の現状
(1)奈良県の水道の特徴
(2)県営水道(水道用水供給事業)
(3)市町村水道(上水道事業)

2.県域水道事業の課題(今後の見通し)

3.課題への対応
(1)対応策の選定(奈良県に適した対応策)
(2)対応策の具体的内容(目標とする将来像)
(3)対応策(目標)の効果

4.対応策の実現に向けた検討・調整
(1)目標の検証
(2)市町村との調整
(3)実行項目の整理

5.今後の検討スケジュール

6.関 連 質 疑 応 答

7.名 刺 交 換 会

*アイキャッチ Photo by Tyler Callahan on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 奈良県 県域水道一体化、上水道事業経営統合の進捗、課題への対応と施設整備(更新、耐震化等)について  』のご案内