• Home
  • イベント・セミナー情報
  • セミナーのご紹介:『 第3659回 グリーンボンド、グリーンファイナンスの最新動向と今後の課題を基本の基本から学ぶ 』の開催 (2018年07月17日)

セミナーのご紹介:『 第3659回 グリーンボンド、グリーンファイナンスの最新動向と今後の課題を基本の基本から学ぶ 』の開催 (2018年07月17日)

2018.05.22 イベント・セミナー情報


金融ファクシミリ新聞社セミナー
 『 第3659回 グリーンボンド、グリーンファイナンスの最新動向と今後の課題を基本の基本から学ぶ
    - ビジネスと地球環境への貢献をいかに両立させるか –
  』の開催

日程 : 2018年07月17日 (火) 13:30~16:30
会場 : 金融ファクシミリ新聞社セミナールーム(東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階)
主催 : 金融ファクシミリ新聞社
講師 :  島 義夫 氏(玉川大学 経営学部 教授、博士(経営学))

東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階

〇概要

 温室効果ガス削減を目指すパリ協定の発効と国際的な資産運用界におけるESG意識の強化などの動きを背景に、グリーン投資とその資金調達手段のグリーンボンド、グリーンファイナンスへの関心が高まっている。にもかかわらず、日本国内には「環境はきれいごと」という旧態依然たる考えも一部残っていて、グリーン活動を迷惑顔で受け止める企業もあるようだ。しかし、ESGへの取り組みは企業価値にプラスになっている。グリーン活動を新たなビジネスチャンスと考える時代が来たと言えよう。

 本講演では、グリーンファイナンスを中心にそれに関係する様々な動きと論点について基本の基本をまとめ今後の流れを展望する。

〇講義項目

1. 世界的な環境活動の高まりと日本版グリーンボンドガイドライン2017年版
(1)国際的Green Bond Principlesの成立と背景
(2)日本版ガイドラインの成立と特徴
(3)最近の国内関連のグリーンボンド発行事例

2. 環境省グリーンボンド発行モデル創出事業など最近の動き
(1)モデル事業の紹介
(2)ガイドライン適合性の考え方
(3)グリーンボンド発行支援策の展開

3. 国際的なESG投資増加と企業経営に迫られる環境配慮
(1)インデックス運用の増大とESG投資増加
(2)企業に迫られる環境配慮と強化される環境規制

4. グリーン投資・グリーンファイナンスと企業活動、地域経済振興
(1)新たなビジネスチャンスとしてのグリーン活動
(2)グリーン活動の多様化、CSRやSocial Impact、PFIなどとの関係
(3)今後の課題

*アイキャッチ Photo by Mikael Kristenson on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 第3659回 グリーンボンド、グリーンファイナンスの最新動向と今後の課題を基本の基本から学ぶ -ビジネスと地球環境への貢献をいかに両立させるか- 』のご案内

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ