セミナーのご紹介:『 第3633回 石油・ガス向けプロジェクトファイナンス 』の開催 (2018年06月15日)

2018.04.24 イベント・セミナー情報


金融ファクシミリ新聞社セミナー
 『 石油・ガス向けプロジェクトファイナンス-石油価格&埋蔵量リスク、FPSO&FLNG、LNG受入基地、カントリーリスク他-  』の開催

日程 : 2018年06月15日 (金) 13:30~16:30
会場 : 金融ファクシミリ新聞社セミナールーム(東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階)
主催 : 金融ファクシミリ新聞社
講師 : 井上 義明 氏(プロジェクトファイナンス研究所 代表)

東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階

〇概要

 本セミナーは海外プロジェクトファイナンスの石油・ガス分野に特化したセミナーである。石油・ガス事業向けのプロジェクトファイナンスは石油価格変動リスクや埋蔵量リスクが伴い、発電分野やインフラ分野に比べると内容が複雑である。石油・ガス事業に関わる事業会社にとっては、斯界でのプロジェクトファイナンスを理解し資金調達手段として活用してゆきたい。また、レンダーとなる金融機関は、この分野のプロジェクトファイナンスへの理解を深め、参入して収益機会を拡大してゆきたいとの思いがある。

 そこで、本講演では、石油・ガス事業向けプロジェクトファイナンスの主要リスクや上流部門向けリザーブ・ベース・レンディングを観てゆく他、近年話題となっているFPSOおよびFLNGの近況、北米LNG事業の特徴、LNG長期オフテイクの要否、アジアのLNG受入基地(FSRU含む)、カントリーリスクなどの具体的で実務上最新の注目テーマを多くの実例を踏まえて採り上げる。

 講師は邦銀、政府系金融機関、外銀において、特に石油・ガスをはじめとした資源開発のプロジェクトファイナンス案件を数多く手掛け、実務経験と知識が豊富。自らの経験に基づく分かり易い講義に定評がある。また、海外プロジェクトファイナンスの実務解説書『実践プロジェクトファイナンス』(日経BP社 2011年)と LNG事業を採り上げた『LNGプロジェクトファイナンス』(金融財政事情研究会 2015年)を上梓している。

〇講義項目

1. 石油価格変動リスク
2. 埋蔵量リスク
3. リザーブ・ベース・レンディング
4. FPSO & FLNG
5. 北米のLNG事業モデル
6. LNG事業に長期オフテイクは必要か
7. アジアのLNG 受入基地 (FSRU含む)
8. 実例に基づくカントリーリスク

*アイキャッチ Photo by Mikael Kristenson on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 第3633回 石油・ガス向けプロジェクトファイナンス-石油価格&埋蔵量リスク、FPSO&FLNG、LNG受入基地、カントリーリスク他- 』のご案内

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ