• Home
  • イベント・セミナー情報
  • セミナーのご紹介:『 シュタットベルケの実態と日本への応用における課題と商機 』の開催 (2018年05月29日)

セミナーのご紹介:『 シュタットベルケの実態と日本への応用における課題と商機 』の開催 (2018年05月29日)

2018.04.23 イベント・セミナー情報


日本計画研究所(JPI)
 『 シュタットベルケ型ビジネスモデルが持つ稼ぐ力 シュタットベルケの実態と日本への応用における課題と商機
    
~コストを削減し新たな付加価値創出を目指す~  』の開催

日程 : 2018年05月29日 (火) 13:30~15:30
会場 : 東京都/JPIカンファレンススクエアⅡ(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)→ 案内
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 : 山本 武人氏(株式会社みずほ銀行 産業調査部 資源・エネルギーチーム 調査役)

〒106-0047 東京都港区南麻布5丁目2−32

〇概要

電力・ガス小売全面自由化や、エネルギーの地産地消、地方創生等、近年様々な議論で、断片的にドイツの「シュタットベルケ」が取上げられている。本講義では、ドイツのシュタットベルケの全体像・実態について、ドイツの電力・ガス自由化から足許までの動向を中心に解説し、そのビジネスモデルが持つ強みと、日本における応用の課題及び可能性についての考察を講義する予定。

〇講義項目

1. シュタットベルケとは何か ~なぜシュタットベルケが注目されているのか?~
   (1)シュタットベルケの定義
   (2)シュタットベルケのドイツでのポジショニング

2. 電力・ガス自由化以降の事業環境とシュタットベルケの取組み
   (1)シュタットベルケの歴史
   (2)ドイツの電力・ガス自由化以降の動向
     ~エネルギー事業環境とシュタットベルケの取組み及び日本との比較~

3. シュタットベルケの稼ぐ力
   (1)シュタットベルケの事業戦略とビジネスモデル
   (2)シュタットベルケの収支構造、ビジネスモデルが持つ強み

4. シュタットベルケ型ビジネスモデルの日本への応用 ~課題と機会~
   (1)日本への応用にかかる課題
   (2)攻めと守りのシュタットベルケ戦略
     ~コストを削減し新たな付加価値創出を目指す~

5. 関 連 質 疑 応 答

6. 名 刺 交 換 会 

*アイキャッチ Photo by Mikael Kristenson on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 シュタットベルケ型ビジネスモデルが持つ稼ぐ力 シュタットベルケの実態と日本への応用における課題と商機 』のご案内

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ