セミナーのお知らせ:『空港コンセッションセミナーin福岡』の開催 (2015年12月18日)

2015.12.07 イベント・セミナー情報


九州PPPセンター『空港コンセッションセミナーin福岡』の開催

日程 : 2015年12月18日 (木) 14:00~17:30 (受付開始 13:00~)
会場 : 天神ビル 11階10号会議室(福岡県福岡市中央区天神2丁目12番1号)
主催 :株式会社産学連携機構九州 九州PPPセンター
募集定員 : 150名 (完全予約制)
募集対象 : 空港コンセッションに関心を持つ民間企業の社員および官公庁職員

講演趣旨
 これまで、国においては、コンセッション方式を導入した2011年の“PFI 法”の改正や空港の着陸料金の設定及び 空港ビルの運営等を民間が担えるものとした2013年の“民活空港運営法”の成立など、“民間活力の導入による空 港経営”の実現に向けた法整備が進められてきました。
 また、2014年には、2016年度までに事業化するコンセッション方式の空港事業として6件が目標に掲げられ、現 在では、仙台空港と関西国際空港・大阪国際空港(関空・伊丹)での民営化プロセスが進行し、一方で福岡空港にお いてもコンセッション方式の導入が検討中であるなど、空港民営化の動きは近年大きく加速しています。
 このような状況のなか、本セミナーでは、制度の概要や事業スキームについて理解を深めながら、仙台空港・関西 国際空港・大阪国際空港(関空・伊丹)で進められているコンセッション事業の最新動向を紹介し、民間事業者が事 業参画のうえで留意すべきポイントについて考えていきます。

講演演目

<講演1> (14:10~15:10)
公共施設等運営権制度(コンセッション制度)について
 ①空港の経営改革とコンセッション制度について
 ②仙台空港コンセッションの最新動向、仙台空港に続く空港の動き
 ③関西国際空港・大阪国際空港(関空・伊丹空港)コンセッションの最新動向

講師:国土交通省航空局航空ネットワーク部航空ネットワーク企画課 (①及び②)
   国土交通省航空局航空ネットワーク部近畿圏・中部圏空港政策室 (③)

<講演2> (15:20~16:00)
公共施設等運営権方式(コンセッション)について
 ○事業スキームの留意点について
 ○事業スケジュ-ル上の留意点について

講師:福田 隆之 氏 (新日本有限責任監査法人エグゼクティブディレクター)

<意見交換> (16:15~17:30) 
講師を囲む意見交換会 (名刺交換等)

 

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『空港コンセッションセミナーin福岡』のご案内

, , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ