セミナーのお知らせ:『電気事業法改正と再生可能エネルギー発電プロジェクト』の開催 (2015年12月15日)

2015.11.26 イベント・セミナー情報


金融ファクシミリ新聞社セミナー
『電気事業法改正と再生可能エネルギー発電プロジェクト
 ~電力小売り全面自由化による影響を踏まえ~』の開催

日程 : 2015年12月15日 (火) 13:30~16:30
会場 : 金融ファクシミリ新聞社セミナールーム(東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階)
主催 :(株)FNコミュニケーションズ
講師 : 本田 圭 氏 (長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)

講演趣旨
 マスコミ等で多数報道されている通り、我が国の電力業界は大きな転換点を迎えています。2016年4月施行のいわゆる第2弾電気事業法改正により、これまで限定的な自由化しかされていなかった電力の小売業が全面的に自由化されます。既に40の業者が小売電気事業の登録を行っており、また、電気以外の商品又はサービス提供と併せた電気の小売りなど、各種のビジネスモデルが検討されています。
 本セミナーは、「再生可能エネルギー発電事業」の今後の動向という切り口から、電気事業法改正・小売全面自由化による影響について検討していくものです。今般の改正が再生可能エネルギー発電プロジェクトにどのような影響を与え、どのような法的留意点が存在するのか、また、改正後に、再生可能エネルギー発電プロジェクトとの関係でどのようなビジネスが可能なのか等について詳しく考察します。

講演演目

1.再エネ発電案件の最先端
 ・再エネ発電案件に関する最近の制度改正等
 ・再エネ発電案件への投資等に関する最新の潮流

2.電気事業法改正
 ・電気事業法改正の概要・経緯
 ・電力小売全面自由化の概要

3.電事法改正・小売自由化が再エネ発電案件に与える影響
 ・再エネ発電案件への影響
 ・再エネ発電関連でどのようなビジネスが可能となるのか?

4.質疑応答/ディスカッション

 

講師紹介
【本田 圭 氏】
1999年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2001年弁護士登録(第二東京弁護士会)。
主な取扱分野は、火力・再エネ等に係るプロジェクトファイナンス案件、環境法(特に土壌汚染、排出権取引等)、不動産証券化案件等。

主な著述
・「The International Comparative Legal Guide to: Environment & Climate Change Law」(Global Legal Group 2015年3月(共著))
・「不動産証券化における土壌汚染対策法上の責任」(ビジネス法務 2013年11月号)
・「再生エネルギー法に基づく特定契約・接続契約の特徴」(銀行法務21 2013年1月号)
・「The introduction of a feed-in-tariff for renewable power in Japan」(Energy Exchange 2012年11月(共著))など。

 

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『電気事業法改正と再生可能エネルギー発電プロジェクト~電力小売全面自由化による影響を踏まえ~』のご案内

, , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ