• Home
  • トピック
  • 【政策】国土交通省、第1回 日バングラデシュ・PPPプラットフォーム会合を開催/バングラデシュにおけるPPP案件の早期実現に向けて協力

【政策】国土交通省、第1回 日バングラデシュ・PPPプラットフォーム会合を開催/バングラデシュにおけるPPP案件の早期実現に向けて協力

2017.12.15 トピック


 2017年12月14日、国土交通省は「第1回日バングラデシュ・ジョイントPPPプラットフォーム会合」(以下、「当該会合」)を開催したことを発表した。バングラデシュ人民共和国PPP庁との共催。2017年6月15日に開かれた「日バングラデシュ建設・不動産セミナー」で署名された覚書を踏まえて開催された。

 当該会合ではバングラデシュにおけるPPP事業への日本企業の参画機会の創出について意見交換が行われた。バングラデシュ側からは日本企業に参画を期待するPPP候補案件についての紹介もされた。会合にあわせ、青木建設流通政策審議官がバングラデシュ首相府のチョードリー筆頭次官との会談も行われた。会談はこれまでの両国間の協力関係を確認するとともに、具体的なPPP案件の早期実現に向けて協力を加速させることで一致した。

 国土交通省土地・建設産業局はバングラデシュ人民共和国をインフラ関連企業にとっての有望市場の一つとして捉えており、日本企業によるバングラデシュにおけるPPP事業の獲得を目的として、平成27年度より調査検討事業を実施している。

会合への主な参加者

日本側
(23名)
・国土交通省:青木 大臣官房建設流通政策審議官、安藤 国際連携調整官他
・在バングラデシュ日本国大使館
・JICAダッカ事務所
・ジェトロダッカ事務所
・現地日系企業
バングラデシュ側
(35名)
・首相府:アザド主席調整官
・首相府:ウディン PPP庁長官
・国家住宅庁
・港湾庁
・橋梁庁
・鉄道庁
・経済特区庁
・道路・高速道路局
・首都整備庁
・ダッカ都市交通調整局 ほか

*アイキャッチ 会合の様子 出典:国土交通省

【情報ソース】
日バングラデシュ・ジョイントPPPプラットフォーム会合を開催しました!~我が国インフラ関連企業によるPPP事業への参画機会の創出に向けて~、2017年12月14日、国土交通省

【関連記事】
【政策】国土交通省、在京アフリカ大使館が対象のシティ・ツアー第3弾を開催/横浜で横浜青葉ジャンクションや横浜港などを視察/「質の高いインフラ」をPR
【政策】国土交通省と米国運輸省、交通インフラに関する協力覚書に署名/道路・鉄道・航空等で日米が協力
【融資】JICA、インドネシアの「再生可能エネルギー・インフラ促進ファシリティ」に融資/民間資金によるインフラ投資を促進

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ