• Home
  • インフラ融資
  • 【グリーンボンド】みずほFG、初のグリーンボンド発行/発行総額5億ユーロ、グリーンプロジェクトに充当

【グリーンボンド】みずほFG、初のグリーンボンド発行/発行総額5億ユーロ、グリーンプロジェクトに充当

2017.10.16 インフラ融資


 2017年10月11日、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下、「みずほフィナンシャルグループ」)は同社として初となるグリーンボンドの発行を発表した。

  発行総額は5億ユーロ、日本円にすると約660億円(1€=132円で換算)。調達した資金は同社の子会社である株式会社みずほ銀行(以下、「みずほ銀行」)へ融資し、その後みずほ銀行が実行するグリーンプロジェクトへの融資に充当される。金利は0.956%、発行期間は7年である。

 グリーンボンドの発行に当たっては、国際資本市場協会(ICMA)の「グリーンボンド原則2017(The Green Bond Principles 2017:(GBP)」や環境省の「グリーンボンドガイドライン2017年版」に準拠した形で、みずほフィナンシャルグループが策定したフレームワークに基づいて発行・管理される。発行日は2017年10月16日。

 みずほフィナンシャルグループでは「みずほグリーンボンドフレームワーク」を策定しており、グリーンボンドで調達した資金を3つの適格プロジェクトカテゴリーへの融資に充当することとしている。3つとは「再生可能エネルギー」、「クリーンな運輸」、「汚染の防止と管理」に係るプロジェクトである。と同時に、エクエーター原則における「カテゴリーB」又は「カテゴリーC」に分類されているプロジェクトであることも必要だ。(*1)

 上記に該当するプロジェクトのうち、「グリーンボンドの発行日から遡って24ヵ月以内に実施されたもの、あるいは発行日以降に実施されるもの」がグリーンボンドの調達資金充当の対象案件となるようだ。

(*1)みずほフィナンシャルグループのウェブサイトより引用

カテゴリーA:環境・社会に対して重大な負の潜在的リスク、または、影響を及ぼす可能性があり、そのリスクと影響が多様、回復不能、または前例がないプロジェクト。
カテゴリーB:環境・社会に対して限定的な潜在的リスク、または、影響を及ぼす可能性があり、そのリスクと影響の発生件数が少なく、概してその立地に限定され、多くの場合は回復可能であり、かつ、緩和策によって容易に対処可能なプロジェクト
カテゴリーC:環境・社会に対しての負のリスク、または、影響が最小限、または全くないプロジェクト

グリーンボンドの概要(株式会社みずほフィナンシャルグループ)
 

発行体株式会社みずほフィナンシャルグループ
発行総額5億ユーロ
発行日2017年10月16日(条件決定日は2017年10月10日)
期間7年
金利0.956%
資金使途みずほ銀行に対する融資に充当し、みずほ銀行はグリーンプロジェクトに対する融資に充当

*アイキャッチ Photo by Camila Fernández León on Unsplash

【情報ソース】
グリーンボンド発行の決定について、2017年10月11日、株式会社みずほフィナンシャルグループ
エクエーター原則への取り組み、みずほフィナンシャルグループ
 

【関連記事】
【グリーンボンド】三井住友フィナンシャルグループ、ユーロ建てグリーンボンド発行/発行金額5億ユーロ、GBPや環境省ガイドラインにも準拠
【プロジェクトファイナンス】みずほ銀行とJBIC、ソフトバンクの印太陽光発電事業にプロジェクトファイナンス組成/印では22年までに、100GWの太陽光発電開発
【ファンド組成】みずほ銀行と第一生命、海外インフラデットファンドを組成/目標1,000億円規模、第一生命がシード資金100億円出資

【おススメ!】
セミナーのご紹介:『【実践プロジェクトファイナンス】2日間総合パック』の開催 (2017年12月05日、12月12日)

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ