• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】 『フラノマルシェはまちをどう変えたか』 (学芸出版社)

【書籍案内】 『フラノマルシェはまちをどう変えたか』 (学芸出版社)

2017.09.29 書籍案内



書籍名 :       フラノマルシェはまちをどう変えたか
         「まちの滞留拠点」が高める地域内経済循環

著者名 :       石原 武正・加藤 司・風谷昌彦・島田 尚往 著
発行所 :       学芸出版社
判型    :      A5版

ページ :       184ページ
価格(税別) :  2,500円
発行年月 :    2017年10月20日    ISBNコード : 978-4-7615-2658-0 

 

内容紹介                                                                                                                              

 衰退する一方だった富良野市の中心市街地に登場した「フラノマルシェ」と「ネーブルタウン」。まちなかへの来街者数を年間6万人から120万人に拡大させ、富良野市全体に絶大な経済効果を与え続けている。

 「まちの滞留拠点」が地域に与えた影響を検証し、地域経済のしくみを持続的につくり変えることができた要因を探る。

主要目次                                                                                                                              

序章 なぜ人口約2.3万人弱の町で年間約100万人の人が集まるのか
1 小さな都市の大きな実験
2 本書の構成

第1章 フラノマルシェの軌跡
1 富良野のまちづくりの背景
2 まちづくりの体制固め
3 中間的総括

第2章 フラノマルシェ事業をどう評価するか
1 前計画の目標・指標・評価
2 前計画総括を受けた新計画の必要性とその概要
3 事業評価の新しい指標

第3章 産業連関表で見るフラノマルシェ事業の経済波及効果
1 波及効果見積もりの範囲
2 直接効果と間接効果
3 間接1次効果
4 間接2次効果
5 総合効果
6 見積もり範囲外の影響
7 経済波及効果の比率
8 地域への経済波及について

第4章 フラノマルシェ事業が不動産市場に与えた影響
1 フラノマルシェ周辺の地価動向
2 幸町の地価上昇による影響
3 不動産の取引状況
4 中心市街地の土地利用状況
5 不動産の視点で見たマルシェ事業の影響

第5章 フラノマルシェ事業は地域内経済循環をいかに高めたか
1 地域内経済循環における「三段ロケット」
2 中心市街地のダイナミズム
3 デベロッパーとしてのまちづくり会社
4 ふらのまちづくり株式会社の役割
5 残された課題

第6章 フラノマルシェが目指したもの
1 フラノマルシェはマルシェだけではない
2 フラノマルシェ事業を振り返る

終章 小さい都市だからできること
1 小さい都市でもできた
2 大きな組織の落とし穴
3 小さな都市だからこそできることがある

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 フラノマルシェはまちをどう変えたか 「まちの滞留拠点」が高める地域内経済循環 』- (学芸出版社)


 

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ